アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「呼吸器関連」のブログ記事

みんなの「呼吸器関連」ブログ

タイトル 日 時
人工呼吸器HAMILTONが一部自主改修へ
医薬品医療機器総合機構(PMDA)は6月21日、日本光電工業の「成人用人工呼吸器」(商品名:人工呼吸器HAMILTON-Cシリーズなど)の自主改修情報(クラスII)を発表しました。 理由は、同社の特定担当者による修理作業の一部が手順通りに実施していない可能性があり、ケーブルの断線などの不具合が発生して換気動作を停止する可能性が否定できないため、自主改修の実施を決めたとのことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/24 07:46
人工呼吸器との日々を紹介
6月24日、人工呼吸器を着けて生活する人たちの日常を追ったドキュメンタリーDVD「風よ吹け!未来はここに!!」の上映会と講演会が、名古屋市瑞穂区の名古屋市立大学・桜山キャンパスで行われます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/21 07:34
人工呼吸器の欠陥認めず
筋ジストロフィーで自宅療養していた埼玉県の男性が死亡したのは人工呼吸器の欠陥が原因だったとして、母親らが呼吸器の販売会社などに計1千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は平成28年11月25日、請求を棄却。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/04 16:19
呼吸器停止、女性が死亡
大阪府警捜査1課は8月22日、同府吹田市朝日が丘町の介護付き有料老人ホーム「メディカル・リハビリホームくらら吹田」で8月20日に入所者の女性が死亡し、装着していた人工呼吸器が停止していたと明らかにしました。 現在、業務上過失致死容疑の可能性もあるとみて、詳しい状況を調べています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/24 04:18
NPPVガイドライン 改訂第2版が公開へ
日本呼吸器学会 NPPVガイドライン作成委員会が初版から8年ぶりに改訂したもので、NPPVの適用範囲拡大や適応補助換気(ASV)の新機器登場などを受けてまとめられています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/12 11:43
呼吸管理怠り死亡と提訴 
2013年に岩手県奥州市の県立胆沢病院で男性が死亡したのは、病院側が呼吸管理を怠ったためとして、奥州市と仙台市に住む遺族が県に計約3880万円の損害賠償を求めて仙台地裁に提訴したことが6月3日に分かりました。 提訴は4月4日付です。 訴状によると、男性は13年3月、自宅寝室で転倒して頸椎を脱臼し、搬送先の胆沢病院に入院中にたんが頻繁に出るようになったのに、病院側が呼吸管理の注意義務を怠ったため、同4月7日に死亡したとしています。 病院側は死因を「たんで気道がふさがり、無酸素状態が続いて脳へ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/06 19:47
退院後の在宅SpO2計測に疑問符
米国救急医学会は4月7日、気管支炎で入院した小児患者の退院後の家庭でのパルスオキシメーターの使用がその後の再受診の判断に有効かは疑問との研究成果を紹介しました。 理由は、「パルス酸素濃度計で監視すべき対象を絞り込む必要があり、この装置によって小児医療は確かに向上したが、この装置によって得られるデータの解析方法については研究が不十分であること。一過性低酸素血症は気管支炎の患児においてよくある症状なので、パルス酸素濃度計の数値に固執せず、そこから得られるデータを患者の全体的な治療に活用していくため... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/21 11:39
小児呼吸不全への早期HFOVは不適
米国胸部学会(ATS)は3月4日、小児における早期の高頻度振動換気法(high frequency oscillatory ventilation, HFOV)は、持続強制換気(continuous mandatory ventilation:CMV)などに比べて予後を悪化させることを示した研究を紹介しました。 本研究はAmerican Journal of Respiratory and Critical Care Medicine誌に掲載されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/15 22:23
人工呼吸器欠陥で死亡へ
全身の筋肉が徐々に動かなくなる筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患った埼玉県の男性が死亡したのは、人工呼吸器の欠陥が原因だとして、遺族が12月28日、呼吸器を輸入販売するフィリップス・レスピロニクスに約7200万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしました。 訴状によると、男性は2013年にALSを発症し、自宅で療養していた14年10月に人工呼吸器が作動しなくなり死亡。この呼吸器は同4月から使っていたそうです。通常の使い方だったのに電源コードが断線したとし、製品に欠陥があったと主張しています。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/04 18:42
人工呼吸器の異常に気付かず患者死亡
京都府警は11月26日、泉谷病院(京都市右京区)の男性院長と女性看護師長、担当の女性看護師の3人を人工呼吸器の警告音に気付かず、男性患者を死なせたとして業務上過失致死容疑で書類送検しました。 3人は8月4日午前3時〜同40分頃、男性患者が装着していた人工呼吸器に不具合が起き、アラームが鳴っていたのに気付かず処置が遅れ、低酸素脳症で死亡させた疑いがあると発表。 男性患者の入院フロアでは、当時、この女性看護師ら3人が当直勤務していたが、いずれも仮眠中。 看護師長は「約10年前から当直全員が同時... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/26 18:03
人工呼吸器離脱プロトコルとQ&A公開
日本集中治療医学会と日本呼吸療法学会、日本クリティカルケア看護学会はこのほど、人工呼吸器離脱に関する3学会合同プロトコルと、同プロトコル案の作成に伴うパブリックコメントに対するQ&Aを公開しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/18 10:59
日本人用人工呼吸のクッション開発へ
フィリップス・レスピロニクスは、人工呼吸器やCPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法)装置に使用するマスクのクッション部分の新製品「Mワイドクッション」を発売したと発表。日本人の顔面形状データを使用して、日本人にフィットするよう開発されました。 同製品はフィリップスの3Dスキャン技術を使って、日本人の平均的な顔面データを分析し、そのデータを用いて鼻の幅や高さに加え、鼻梁部のラインに適切にフィットするよう形状設計を開発。継続的に空気漏れを防ぐとともに、マスク装着跡ができるだけ残らないように配慮されている... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/16 18:20
人工呼吸離脱プロトコールを公開
日本集中治療医学会と日本呼吸療法医学会、日本クリティカルケア看護学会は11月15日、3学会合同人工呼吸器離脱プロトコール案を公表しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/24 14:47
呼吸器の使い方の指導が不十分だった
筋ジストロフィーで自宅療養していた男性が死亡したのは人工呼吸器の欠陥が原因だとして、遺族が製造会社「パシフィックメディコ」や呼吸器を貸し出した国立病院機構などに計1千万円の損害賠償を求める訴訟を17日までに東京地裁に起こしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/19 12:19
人工呼吸器の接続ミスに注意
日本医療機能評価機構はこのほど、医療安全情報No.92(2014年7月)「人工呼吸器の配管の接続忘れ」を発表した。人工呼吸器のホースを配管接続口(アウトレット)につなぎ忘れたため、酸素が供給できず、患者にけいれんやチアノーゼ、意識レベル低下などの影響を及ぼした事例が報告されていることを受け、人工呼吸器の作動状況や患者胸郭の動きを確認するといった対応を求めています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/17 02:42
第49回(神戸) 人工呼吸の安全セミナー開催案内
第49回(神戸) 人工呼吸の安全セミナー − 人工呼吸器等の基本的知識習得のために − が開催されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/13 21:57
高PEEP、術後肺合併症減らさず
開腹手術予定で術後肺合併症の高リスク患者900人を対象に、全身麻酔下でのリクルートメント手技を併用した呼気終末陽圧(PEEP)の肺保護効果を無作為化試験で検討(PROVHILO試験)した結果が報告された。 結果は、術後肺合併症発症率は高PEEP(12cm H2O)群40%、低PEEP(2cm以下、リクルートメント手技なし)群39%であり、相対リスク1.01となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/12 02:30
CPAP無効OSA例は手術で8割成功
持続的気道陽圧(CPAP)が無効の閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)患者を対象に、手術の有効性をコホート研究で評価した結果、扁桃摘出+口蓋形成±鼻中隔形成を施行後、無呼吸•低呼吸指数測定(AHI)により85.7%で手術の成功が確認。また、Epworth睡眠尺度(ESS)、睡眠時無呼吸生活の質指標(SAQLI-E)も有意に改善したそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/06 11:42
呼吸器分野の報酬改定まとめ
日本呼吸器学会の保険委員会は5月14日、呼吸器病分野における2014年度診療報酬改定の結果と問題点をまとめた資料をホームページに掲載した。 今改定では、呼吸器領域から11の提案を出し、3つが実現。 資料では、時間内歩行試験、睡眠時無呼吸症候群、呼吸リハビリテーション、肺癌の4テーマについて、変更および問題点をまとめている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/27 22:39
呼吸器の管切断で示談
兵庫県宝塚市立病院で2012年に50代の女性患者の人工呼吸器のチューブを一部誤って切った事故で、病院は22日、「女性に不要な苦痛を与えた」として女性の遺族に300万円の賠償金を支払うことで示談に合意したと発表。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/23 21:13
パルスオキシメータ冊子発刊
日本呼吸器学会肺生理専門委員会は4月22日、パルスオキシメータの選び方と適切な使用法を解説する冊子を作成し、ホームページに掲載しました。 医療従事者向けと患者向けの冊子をそれぞれPDFファイル形式でダウンロードすることができます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/29 10:53
「スタンバイモード」にされたまま放置されて意識不明の重体
茨城県日立市城南町の日立総合病院で2008年、入院中の男性患者が、人工呼吸器の酸素供給を止める「スタンバイモード」にされたまま放置されて意識不明の重体となる事故があり、日立区検が女性看護師を業務上過失傷害罪で略式起訴したことがわかりました。  男性は事故の約2か月後に死亡。起訴は17日付。  起訴状などによると、看護師は08年12月31日、心臓疾患で入院していた男性の気管にたまった痰(たん)を除去する際、人工呼吸器をスタンバイモードに切り替えたまま退室し、約40分間放置したために心停止させ、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/19 19:56
有酸素運動が喘息における白血球を不活性化
アレルギー性喘息のマウスモデルにおいて、有酸素運動が気管支周辺の白血球を不活性化し、気道炎症やTh2反応を抑制することが、ブラジル・サンパウロのNove de Julho大学により報告されました。International Journal of Sports Medicine誌オンライン版2013年11月20日の掲載報告されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/29 10:10
新生児CLDの指針を無料公開
医療情報サービスが平成25年11月19日、「科学的根拠に基づいた新生児慢性肺疾患の診療指針(改訂2版)」を無料公開しました。2010年3月に冊子体で販売を開始したもので、ウェブ上での公開は初です。  超低出生体重児の救命率は上がるとともに、慢性肺疾患(CLD)の増加が問題視されており、CLDは在宅酸素や人工呼吸を必要とする新生児疾患の首位を占め、3歳時点の発達にも悪影響を及ぼすことが知られています。全国調査でCLD発生率は施設間の差があると示されたため、エビデンスに基づいたケアを示すために作成... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/24 11:12
ビタミンDは気管支喘息にも効果あり
インドのラオトゥーララム記念病院のMadhu Yadav氏らにより、中等症から重症の気管支喘息の管理において、ビタミンDは標準治療の補助剤となることが報告されました。 掲載はThe Indian Journal of Pediatrics誌オンライン版2013年11月6日にされました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/14 09:49
気管切開用マスクに係る使用上の注意の改訂について
トラキマスクがずれ、気管切開チューブを閉塞させたために、 患者は呼吸ができない状態となった事例が報告されています。 トラキマスクのずれによる気管切開チューブの閉塞については、 同構造製品に共通して起こり得ることから、 今般、トラキマスクを取り扱う製造販売業者に対し、 使用上の注意の改訂が指示されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/21 10:50
医療事故報告の徹底を
総務省は8月30日、医療事故の分析を行う公益財団法人「日本医療機能評価機構」の情報収集事業の調査結果を公表しました。 17の医療機関で2011年度に発生した事故(7150件)のうち、3%(229件)しか同機構に報告されていなかったことが判明し、総務省は同日、厚生労働省に対し、医療機関への指導徹底などを求める改善勧告を行いました。 17機関はいずれも大規模病院で、医療事故が発生した場合、同機構への届け出が義務づけられています。 また、12年に126の医療機関を調査した結果、人工呼吸器が導入さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/05 10:48
ALIへの肺保護的換気について
BMJ 2012;344:e2124に、人工呼吸器使用中の急性肺損傷の患者485人を対象に、肺保護的換気と2年生存の関連を前向きコホート研究評価結果が掲載されていました。人工呼吸器に肺保護的換気を遵守した設定を加えるごとに2年死亡リスクは3%減少し(調整後ハザード比0.97)、推定の絶対死亡リスク減少率は遵守なしと比べ遵守率50%で4.0%、100%で7.8%だったと報告されています。 詳しい内容はこちら:http://www.bmj.com/highwire/filestream/57764... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/04/17 09:56
第1回呼吸療法専門臨床工学技士資格取得講習会について
日臨工HPに、平成23年度「第1回呼吸療法専門臨床工学技士資格取得指定講習会」開催のお知らせ が掲載されています。 残念ながら、会場は東京(渋谷)のみとなっております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/19 23:12
人工呼吸器および関連業務アンケート結果について
昨年の11月14日に行われた、セミナー資料である「人工呼吸器および関連業務アンケート」をHPに掲載しました。 こちら:http://www7a.biglobe.ne.jp/~shiga-ce/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/28 11:56
呼吸療法専門臨床工学技士認定制度について
呼吸療法専門臨床工学技士認定制度の準備が進んでいます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/06 20:43
認定更新のお知らせ
呼吸療法認定士認定委員会から、認定更新についてのお知らせがありました。 今回は、認定証の有効期間が「2007.1.1〜2011.12.31」と「2008.1.1〜2012.12.31」の認定士の方です。 一度、確認をして下さい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/30 22:40
急性呼吸不全による人工呼吸器患者の栄養管理ガイドラインについて
日本呼吸療法医学会から「急性呼吸不全による人工呼吸器患者の栄養管理ガイドライン」が作成されました。 ガイドラインは、学会誌「人工呼吸:Vol.27 no.1」に掲載されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/29 23:38
第32回日本呼吸療法医学会学術総会、演題募集について
「第32回日本呼吸療法医学会学術総会」の演題募集は、3月31日(水)正午を締切りとなっておりましたが、締切りが4月15日(木)正午までに延長されています。 詳しくは:http://jsrcm32.umin.jp/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/31 20:55
シャイリーカニューレについて
「気管切開チューブに装着する器具に関する取り扱いについて」について ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/02 19:05
エタノール誤注入事故の2審判決
2000年2月、人工呼吸器の加湿器に蒸留水と間違ってエタノールを注入して患者さんが中毒死した事件の2審判決を大阪高裁が31日に判決をだした。判決は1審判決を支持した内容で両親側の控訴を棄却。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/02 11:13
人工呼吸器の事故
昨年12月17日午前中、大阪府内の病院で人工呼吸器装着中の患者さんのケアをしていた際、いったん外した人工呼吸器を再装着しなかった事故が発生。今回は、人工呼吸器を患者さんから外した際にテスト肺に接続していたため、人工呼吸器のアラームがならなかったために、人工呼吸器を再装着し忘れた結果発生した事故です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/02 11:05
人工呼吸器安全管理セミナー
第5回人工呼吸器管理セミナーが京都テルサで開催されました。雪のなか、約200人の事前登録者の内、約170名の参加者でした。座席は全席指定で、登録順でありました。第5回セミナーから呼吸療法認定士の地方勉強会の25単位が取得でき、参加者全員に受講証明書が配布されました。次回の第6回人工呼吸管理セミナーは平成21年1月末日に開催されるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/27 20:38
気管切開チューブに装着する器具に関する取り扱いについて
厚生労働省より、1月18日付けで「気管切開チューブに装着する器具に関する取り扱いについて」が発出されました。PDFはこちらから:http://www.info.pmda.go.jp/iryoujiko/file/20080118.pdf ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/19 00:14
人工呼吸器の事故
12月27日、神戸大学医学部で人工呼吸器はずれによる医療事故の報告がありました。 事故は、カテ室にて起こったようです。 詳しくは   ・http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061227-00000003-abc-l28   ・http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061227-00000030-san-soci   ・http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/0000202319.sh... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/29 00:37
COPDに新ガイドライン
慢性閉塞性肺疾患(COPD)について、診断や治療び基準となる国際的ガイドラインを京都市で19日に発表。肺機能検査の測定値で最重症ー軽症の4段階に分類。一般医師にも注意喚起。2005年度、世界死者数は約275万人、日本では男性死因の第7位。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/24 12:35

トップへ | みんなの「呼吸器関連」ブログ

近江の臨床工学技士 呼吸器関連のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる