アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
近江の臨床工学技士
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
第15回「医療機器に関するレギュラトリーサイエンス研究会」
第15回「医療機器に関するレギュラトリーサイエンス研究会」を下記の通り開催されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/24 11:08
骨粗しょう症予防にプロテオグリカン効果
サケの鼻軟骨から抽出される機能性素材「プロテオグリカン」の応用研究を進める弘前大学は、サケプロテオグリカン(SPG)が骨粗しょう症の予防に効果があることをラット実験によって証明し、特許を取得しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/23 04:43
ネットで医療事務代行へ
福島県いわき市のベンチャー企業で、医療関連サービスの開発・販売を手掛けるHealtheeOneがインターネットを活用した医療事務代行サービス「ヘルシーワン・コレクト」を開始しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/21 11:10
重粒子線照射でがん治療が大阪で可能に
重粒子線をがん細胞に照射して破壊する治療施設「大阪重粒子線センター」が大阪市中央区に3月に開院するのを前に2月16日、内部が報道陣に公開されました。 装置を調整中で、重粒子線治療は今年10月をめどに始める予定だそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/19 18:03
11医療機関を「中核拠点病院」に
厚生労働省の「がんゲノム医療中核拠点病院等の指定に関する検討会」は2月14日に第1回会合を開き、11病院をがんゲノム医療中核拠点病院に選定しました。 ・北海道大学病院 ・東北大学病院 ・国立がん研究センター東病院 ・慶應義塾大学病院 ・東京大学医学部附属病院 ・国立がん研究センター中央病院 ・名古屋大学医学部附属病院 ・京都大学医学部附属病院 ・大阪大学医学部附属病院 ・岡山大学病院 ・九州大学病院 です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/16 11:41
公立病院の62%赤字(2016年度)
全国873公立病院の2016年度決算を集計すると、61・7%に当たる539病院の経常収支が赤字だったことが1月30日、総務省の調査で分かりました。 前年度より3・3ポイント増え、6年連続で拡大しています。 病院が受け取る診療報酬のマイナス改定や、医薬品などの価格上昇が影響したようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/13 19:36
後発品「85%以上」へ
2018年診療報酬改定で、医療機関における入院料の「後発医薬品使用体制加算」については、後発医薬品の使用割合が85%以上の場合の「加算1」を45点で新設した一方、「加算4」(60%以上、現行の加算2に相当)は35点から22点に引き下げられました。 外来についても同様に、処方料の加算である「外来後発医薬品使用体制加算1」(85%以上)を5点で新設した一方、「加算3」(70%以上、現行の加算1に相当)は4点から2点にダウンになります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/11 14:03
タカラバイオが再生医療製品新施設を滋賀県に
タカラバイオは1月30日、再生医療に使う製品の研究・製造施設を滋賀県草津市の本社敷地に新設すると発表しました。2018年度の商業化を目指す遺伝子治療薬の研究開発や、細胞加工などの受託サービスを拡充するためで、国内最大級の再生医療等製品の製造開発拠点となる。既存施設の拡張と合わせ、総事業費は約73億円。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/01 11:29
内視鏡画像から胃がん検出、精度98%へ
がん研究会有明病院と医療ベンチャーのAIメディカルサービスは1月22日、内視鏡画像から胃がんを高精度に検出する人工知能(AI)による画像診断支援システムを開発したと発表しました。2296枚の内視鏡画像をわずか47秒で分析し、6ミリメートル以上の胃がんを98%の精度(感度)で検出することができ、静止画だけでなく、動画でも胃がんを検出できることを確認したそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/24 11:37
都立8病院、独法化検討へ
東京都の都立病院経営委員会は1月17日、8カ所ある都立病院の独立行政法人への移行を検討するよう都に求める報告書案を示しました。地域の救急医療や感染症治療などの拠点となっている都立病院は赤字経営が続き、2016年度には都の一般会計から約400億円が繰り入れられています。都は報告書がまとまった後、独立行政法人化による経営の効率化の検討に入るそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/19 11:25
急性期一般入院料(仮称)
2018年度診療報酬改定に向けた議論で厚労省は、入院医療について一般病棟および療養病棟入院基本料を再編・統合し、7対1および10対1入院基本料については「急性期一般入院料(仮称)」とする案を示したようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/18 11:54
マレーシアでMERS患者報告
厚生労働省検疫所は1月15日、世界保健機関(WHO)からの情報として、マレーシアで2日に中東呼吸器症候群(MERS)の患者1人が報告されたと発表しました。患者と接触のあった家族ら70人が監視下に置かれているそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/16 19:34
終末期医療の国指針を改定へ
厚生労働省は、終末期医療に関し治療方針の決定手順などを定めた国の指針(ガイドライン)を改定する方針を決めました。現在は主に病院を念頭に置いているため、自宅や施設でのみとりに活用できるよう見直し、患者が最期の過ごし方を周囲と話し合い、意思決定できるよう医師らが支援することの重要性も盛り込む方針です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 11:16
腎臓再生(初の臨床研究)へ
東京慈恵会医大などのチームが、慢性腎不全の患者のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って、体内で腎臓を再生し、機能を回復させる世界初の臨床研究を年内にも始めるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/07 14:17
A1c値「使えない」事例など提示へ
米国糖尿病学会(ADA)は12月8日、「糖尿病の標準治療指針2018(2018 Standards of Medical Care)」を発表しました。また、新たな勧告の他に2018年からは年に一度ではなく、オンラインで指針を随時更新していくことを明らかにしました。 ヘモグロビン異常症など、赤血球の寿命に影響をもたらすような症状を有する患者の場合、HbA1cの結果が正確ではない可能性がある。同様に年齢や人種、妊娠もHbA1cの結果に影響する可能性がある。医療従事者はHbA1c検査に関する限界を理... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/02 22:50
滋賀県全域にインフルエンザ注意報
県は12月27日、今年第51週(今月18〜24日)のインフルエンザ患者数が基準値を超えたとして県内全域に「インフルエンザ注意報」を発令しました。 昨冬より2週早く、例年より2、3週早いです。 大津市、草津、甲賀、東近江、高島の各保健所管内で1医療機関当たり10人以上の患者があり、県平均で13・72人となっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/30 11:01
耳垢除去は家庭医で
英国国立医療技術評価機構(NICE)は11月27日、聴力低下につながる耳垢の蓄積は耳鼻咽喉科専門医ではなく、家庭医や地域のクリニックで対処すべきとの新しいガイドラインドラフト案を発表しました。パブリックコメントの募集を開始しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/29 11:21
医療用HAL®、米国 FDA から医療機器承認を取得へ
サイバーダインのプレスリリース こちら:https://www.cyberdyne.jp/wp_uploads/2017/12/20171219_news_FDA_1.pdf ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/21 21:15
平均寿命の男性1位は滋賀!
平均寿命が最も長い都道府県は男性が滋賀の81・78歳、女性は長野の87・675歳であることが13日、厚生労働省が発表した「2015年都道府県別生命表」で分かりました。 厚労省の担当者は都道府県ごとの差異について「食生活など生活習慣の違いが反映しており、滋賀は喫煙率が低く、食塩摂取量が少ないことも要因として考えられる」と説明しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/15 11:20
ICD使用時の電気自動車は安全か?
男女34人が参加した電気自動車を開発・製造・販売するテスラ社の電気自動車とその関連設備による機器への影響を検討した研究結果が明らかになりました。 研究グループは、Good Samaritan Hospitalで植え込み型除細動器の植え込み手術を受けた患者34人(男性26人、女性8人)を対象に、電気自動車バッテリーを220 Vで充電する際に起こり得る電磁干渉の影響を調査。除細動器の設定感度を最高および最低に設定して電気自動車バッテリーの電磁信号による影響を検討しました。その結果、参加者の位置が運... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 13:41

続きを見る

トップへ

月別リンク

近江の臨床工学技士/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる