アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
近江の臨床工学技士
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
iPS由来網膜色素細胞の臨床結果発表へ
理化学研究所は3月16日、滲出型加齢黄斑変性の患者を対象としてiPS細胞由来網膜色素上皮細胞を用いた細胞治療が安全に施行できることを支持する結果を得たと発表しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/23 11:31
第111回医師国家試験の合格者、過去10年で最低へ
厚生労働省は3月17日、今年2月に実施した第111回医師国家試験の合格者を発表しました。 新卒と既卒を合わせた全体の合格率は、前年より2.8ポイント低い88.7%で、過去10年で最も低く、新卒に限った合格率は91.8%で、前年より2.5ポイント下がっています。 新卒合格率100%は自治医科大学だけです。 全受験者数は9618人で、8533人が合格。新卒者は受験者数8828人で8104人が合格。 男女別の全体合格率は、男性87.8%(5593人)、女性90.5%(2940人)でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/18 10:38
偽造C肝炎薬で改善命令へ
C型肝炎治療薬の偽造品が見つかった問題で、東京都と大阪府は3月13日、偽造品を扱っていた「現金問屋」と呼ばれる卸売業者計6社に、医薬品医療機器法に基づき業務内容の改善措置命令を出しました。 6社は、エール薬品、大興薬品、高洋薬品、フジ薬品、野川薬品の都内5社と大阪市のグローバルネットエルズです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/15 11:56
オキシコドンの後発薬発売へ
第一三共は、オピオイド系医療用麻薬「オキシコドン徐放錠5mg・10mg・20mg・40mg『第一三共』」を発売したと発表しました。 オキシコドンのジェネリック医薬品では初めての錠剤です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/14 11:49
慢性腎臓病に甲状腺ホルモンが有効
山梨大医学部の研究グループが、慢性腎臓病のモデルマウスを用い、甲状腺ホルモンが慢性腎臓病の悪化を防ぐ重要な役割を担っていることを解明しました。 山梨は2010年の国の調査で、透析患者の割合が全国平均より多く、糖尿病性腎症から新たに人工透析が必要となる患者(人口10万人当たり)は全国最多だったことが分かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/10 11:55
公立病院が苦境に
阪神間の公立病院が苦境に陥っています。 各自治体は2017年度当初予算案や16年度補正予算案で軒並み、一般会計から病院の運営資金を投入しています。 原因は、14年の消費税8%増税の影響です。 西宮市立中央病院は、患者が病院で支払う医療費は非課税だが、病院が医薬品などを購入する際は消費税がかかるため、病院はこの差額分の年間1億7千万円程度を支払っており、「収益が上がれば上がるほど、負担額が膨らんでいく状態」とこぼしています。 19年10月には消費税10%が導入され、さらに経営の圧迫が予想さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/07 20:12
腎性尿崩症の新発症メカニズムを発見へ
東北大学は2月23日、腎臓の発生期における遺伝子発現の制御因子(転写因子)Nrf2の過剰な活性化が腎性尿崩症を引き起こすことを発見したと発表しました。 腎性尿崩症は、腎尿細管細胞の抗利尿ホルモンに対する反応の障害により尿の濃縮ができず、大量の希釈尿の排泄に至る疾患です。 抗利尿ホルモン2型受容体の遺伝子異常による先天性の病型がよく知られていますが、環境要因による後天性の腎性尿崩症の原因はよくわかっていませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/05 17:33
埼玉県、山岳救助ヘリ有料化へ
埼玉県の防災ヘリコプターが山岳遭難した登山者を救助した場合、遭難者から手数料を徴収する見通しとなりました。 総務省消防庁によると、公的な防災ヘリの山岳救助が有料化されるのは全国初。 消防庁によると、全国の防災ヘリの山岳救助出動件数は15年が1345件で、11年の921件に比べ約1・5倍に増加。埼玉県では15年度に11件出動し、うち5件で救助が実施。 日本山岳協会の遭難対策委員長は、防災ヘリを呼ぶケースの大半は、予期せぬ出来事に遭遇した場合だと指摘。「有料化よりも、登山道の整備や自然リスクの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/04 18:14
WHOが12種類の細菌のリストを公表
世界保健機関(WHO)は2月27日、抗生物質(抗菌薬)が効かず、世界的に大きな問題になっている12種類の細菌のリストを公表しました。 WHOは「これらの菌の抗生物質への抵抗は強くなっており、治療の手段は尽きつつある」と警告しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/01 12:07
第4回 育児工学未来研究会のお知らせ
第4回 育児工学未来研究会が3月9日(木)に開催されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/28 11:05
腎性低尿酸血症(renal hypouricemia: RHUC)診療ガイドラインについて
日本発・世界初となる腎性低尿酸血症(renal hypouricemia: RHUC)診療ガイドラインが間もなく公表されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/20 20:14
首都直下地震で一都3県の医療機関の2割が診療不能!
厚生労働省研究班は首都直下地震が発生した場合、首都圏の1都3県(東京、埼玉、千葉、神奈川)で入院ベッドを持つ医療機関のうち、最悪20%にあたる647施設が揺れや火災の被害を受け、診療が継続できない恐れがあるとの推計を発表しました。 150の災害拠点病院は、耐震補強され建物に大きな被害はないと予想されたが、8病院で周辺の火災による被害の恐れがあること、拠点病院以外の一般の医療機関3111施設(2015年8月現在)では、建物倒壊の恐れが245施設、火災被害の恐れが454施設で、重複を除き639の施... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/16 11:19
新型がん治療薬「キイトルーダ」に保険適用へ
中央社会保険医療協議会は8日、新型がん治療薬「キイトルーダ」の保険適用を承認しました。 一部の皮膚がんと肺がんに対し、15日から保険適応に。 薬価は100ミリグラム1瓶約41万円。1日当たりでは3万9099円、1年間使い続けると年1427万円です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/10 11:37
シンポジウム「国際標準化から考える医療機器ビジネス参入」のお知らせ
東京女子医科大学で、生体医工学の主分野の一つである医療機器開発に関連したAMED国産医療機器創出促進 基盤整備等事業の活動の一環として、下記の通り本年度の総括シンポジウムが開催されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/05 11:28
橈骨動脈PCI4年で2倍超へ
米国心臓病学会が全米の心血管疾患患者登録に基づく診療動向をまとめた報告書で、2011年に比べ、2014年に米国内で実施された経皮的冠動脈インターベンションにおいて大腿動脈からのアプローチが88.4%から74.5%に減少。、橈骨動脈アプローチが10.9%から25.2%と2倍以上増加していたことが明らかになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/03 11:18
他人の細胞から作ったiPS細胞移植承認へ
厚生労働省の再生医療等評価部会は、他人の細胞から作った人工多能性幹細胞(iPS細胞)で網膜の細胞を作製し、患者に移植する理化学研究所などの臨床研究について2月1日に計画を了承しました。 他人由来のiPS細胞を使う臨床研究は世界初です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/01 18:36
電子聴診器
パイオニアは、音響技術を応用した医療用電子聴診器「U10シリーズ」を発売しました。 生体音を正確に取得するセンシング技術をはじめ、独自の音響技術を用いて聴感性能を向上させたもので、共同開発した広島大学大学院救急集中治療医学の監修により、握りやすさや操作性、堅牢性など医療従事者のユーザビリティを考慮した形状を採用。 取得した生体音データは無線でPCやタブレット端末に送ることができ、専用アプリケーションを利用して表示、保存、再生できるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/29 11:26
7対1は半年で4000床減へ
中央社会保険医療協議会総会は1月25日、2018年度診療報酬改定に向け、入院医療に関する議論をスタートしました。 7対1入院基本料は2006年度診療報酬改定で創設され、ピーク時の2014年3月には38万400床であった。しかし、2014年度改定で患者要件が厳しくなり、在宅復帰率が導入され2014年10月には36万6200床に減少。2016年度改定で要件がさらに厳格化した結果、2016年4月の36万6000床から半年間で4000床減少し36万2000床となっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/26 20:40
心・腎移植後のHEV感染で注意喚起
日本臨床腎移植学会は、腎臓移植後患者と心臓移植後患者でE型肝炎ウイルス(HEV)のウイルス陽性率またはIgG抗体陽性率が高いとして厚生労働省がまとめた注意喚起文を学会ホームページに掲載しました。 今回の報告は、AMED肝炎等克服実用化研究事業(肝炎等克服緊急対策研究事業)の班会議において報告された心・腎移植患者におけるE型肝炎ウイルス感染の全国実態調査の中間報告です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/19 20:21
カルニチン欠乏症診断治療指針について
日本小児科学会は、学会ホームページ上で「カルニチン欠乏症の診断・治療指針 2016」を公開しました。 カルニチン欠乏症は、意識障害、けいれん、横紋筋融解症、脳症、頻回嘔吐、精神・運動発達遅延、心肥大・心筋症・心機能低下、突然死など重篤な症状を呈する疾患です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/13 11:21

続きを見る

トップへ

月別リンク

近江の臨床工学技士/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる