アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
近江の臨床工学技士
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
腎疾患対策検討会報告書
2018年6月頃に厚生労働省から、2028年までに年間の新規透析導入患者数を3万5000人以下に減少させるなどの目標を盛り込んだ「腎疾患対策検討会報告書」が公表されるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/10 23:14
医療機関:被ばく線量、記録義務化へ
厚生労働省は6月6日、コンピューター断層撮影など放射線診療に関し、患者の被ばく線量の記録と患者への説明を医療機関に義務づける方針を決めました。 日本は被ばく線量が世界的にも高く、過剰な被ばくを防ぐ狙いです。同省は医療法施行規則を改正し、医療機関の準備期間を数年設けた上で施行されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/07 21:03
生体医工学シンポジウム2018
生体医工学シンポジウム2018のお知らせが下記の通りありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/05 18:32
第28回日本臨床工学会
先日の第28回日本臨床工学会及び平成30年公益社団法人日本臨床工学技士会総会の総参加者が5000人を超えたそうです。 中でも、「いのちのエンジニア」のキッズセミナーには1600人近くも来場者があったみたいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/30 11:51
PCIロボット支援装置
厚生労働省の薬事・食品衛生審議会(薬食審)医療機器・体外診断薬部会は、米コリンダス・ヴァスキュラー・ロボティクスが申請していたPCI(経皮的冠動脈形成術)ロボット支援システム「コーパス GRXシステム」など新医療機器3品目の承認を了承しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/19 12:03
ダビンチの直腸がん手術が3倍に
2018年4月から保険適用が拡大した手術支援ロボット「ダビンチ」を使った直腸がん手術が4月の1カ月間で全国27施設で計75件の手術が行われ、これまでの3倍のペースになったそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/18 11:03
ANCA関連血管炎診療ガイドライン 2017
「ANCA関連血管炎診療ガイドライン 2017 Part 1」がオンラインで無料公開されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/09 09:31
滋賀県で527例目の脳死
日本臓器移植ネットワークは5月2日、滋賀県内の病院で50代男性が527例目の法的脳死と判定されたと発表しました。 心臓は東京大病院、肝臓は京都大病院、腎臓は兵庫県立西宮病院と兵庫医大病院でそれぞれ移植えされたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/07 22:23
ギラン・バレー治療に新たな光!
ギラン・バレー症候群は、手足のしびれ・麻痺を急速に生じる末梢神経の病気で、日本でも年間約1,400人が発症しています。しかし、25年以上にわたり、有効性を示す新たな治療法の報告はなく、難病とされていました。 今回、千葉大学医学部附属病院 神経内科教授らの研究グループは、同症候群の患者への臨床試験を行い、薬剤「エクリズマブ」の有効性を世界で初めて報告しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/02 11:15
FDAが新生児用人工心臓弁を承認
米食品医薬品局(FDA)は、先天性心疾患の新生児や乳幼児への利用を目的に設計された世界最小の機械弁(マスターズシリーズのヘモダイナミックプラス(HP)縫合カフ付き機械弁15mm)を承認しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/02 11:11
山梨県内の公立病院  16年連続赤字へ
山梨県がまとめた県内13公立病院の2016年度事業会計決算の結果、本業の医業に関わる経常損益の合計は13億7384万円の損失で16年連続の赤字となったそうです。 要因は、外来患者数の減少に伴う収益減。赤字幅はなんとか、薬剤や医療資機材などの費用縮減、設備投資などの減価償却期間が終わった影響で2年連続で縮小。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/29 17:27
FFR-CTの導入で医療費削減へ
第82回日本循環器学会学術集会で、日本人の安定狭心症患者を対象とした解析から、冠動脈CTをベースとした判断にFFR-CTの結果を加味することで、56%の患者で冠動脈造影(CAG)の取りやめなどその後の治療方針が変更され、患者1人当たりの推計医療費も10万円以上削減できることが示されました。 FFR-CTとは、冠動脈CTのデータから心筋虚血の指標である心筋血流予備量比(FFR)を算出する解析技術であり、米国ハートフロー社が開発したものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/25 11:32
はしか全国拡大に注意を 沖縄では流行
沖縄県で3月からはしかの患者発生が相次ぎ、県外にも感染が広がる恐れが出てきたとして、厚生労働省は4月12日までに全国の医療機関に注意を呼び掛けています。 厚労省などによると沖縄県で3月20日、台湾から来た30代の男性がはしかと診断されたそうです。 男性は17日から県内に滞在し、4月11日までにこの男性から広がったとみられる約40人の患者が報告されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/15 14:18
滋賀県が「健康推進プラン」改定へ
滋賀県が県健康増進計画「健康しが推進プラン」を改定し、2023年度までの健康づくりの方針を定めました。 滋賀の平均寿命が、男性は全国1位、女性が4位と「長寿県」として注目を集める中、働き盛りの世代をターゲットにした職場での取り組みの充実やビッグデータの活用などを通じ、さらなる健康寿命の延伸を目指すそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/08 17:06
介護職員月給1万3千円増へ
厚生労働省は4月4日、2017年4月の介護報酬改定で拡充された「処遇改善加算」を取っている介護事業所で働く常勤介護職員の平均給与月額が29万7450円(17年9月時点)で、前年同月に比べて1万3660円増えたと発表しました。  17年度の報酬改定で職員の給与アップのために1人当たり月平均1万円引き上げる加算を設け、64・9%の事業所が取得した結果です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/07 11:32
ダビンチ手術全例に術前症例登録を義務付けへ
日本内視鏡外科学会は3月28日、ロボット支援内視鏡下手術(ダビンチ手術)に関する学会指針を発表しました。 指針では、2018年度の診療報酬改定で新たに保険適用となった12術式については、術前症例登録を行うことを必須条件に設定されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/04 11:39
人工知能(AI)を活用した腎性貧血の病態解析
金沢医科大学が、人工知能(AI)を活用した腎性貧血の病態解析によってオーダーメイド治療の可能性を提唱しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/02 19:54
飛行機の機内で感染リスクが高い座席は?
米エモリー大学の研究から飛行機の機内で呼吸器感染症患者から感染するリスクは、患者の座席の前後1列および左右2座席以内が最も高く、それ以上離れた席であればリスクは極めて低いことが明らかになりました。 今回の研究で、呼吸器感染症の患者の座席の前後1列および左右2座席以内に座っている乗客では、患者から感染する確率が80%に及ぶことが一方、それ以上離れた座席の乗客が感染する確率は3%に満たないことが明らかになりました。  また、10回のフライト中に機内の空気や座席に備え付けられたトレイテーブル、トイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/01 10:12
カニューレ緊急時再挿入について厚労省が回答
日本小児科学会、日本小児保健協会、日本小児科医会、日本小児期外科系関連学会協議会、日本耳鼻咽喉科学会、日本重症心身障害学会は、事故抜去などの緊急時における気管カニューレの再挿入について、厚生労働省医政局看護課に質問状を送ったところ回答が得られたとして、その内容を公表しました。 厚労省側は、看護師らが応急手当てとして対応した場合は「可及的速やかに医師に報告する」ことを求めており、同行為が保健師助産師看護師法(昭和23年法律第203号)第37条ただし書の規定により、違反にはならないとの見解を示して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/29 11:40
家庭血圧計の測定値、7割に誤差?
健康管理のために家庭血圧計を使用している高齢者の測定値の約7割に5mmHg以上の誤差があったとするカナダの小規模研究の結果が「American Journal of Hypertension」7月号に掲載されました。 家庭血圧計の使用者に対するアドバイスとして、1度はクリニックに家庭血圧計を持参し、クリニックで手動式で測定された血圧値と比べ、精度を確認するよう勧められています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/26 19:45

続きを見る

トップへ

月別リンク

近江の臨床工学技士/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる