アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「人工腎臓」のブログ記事

みんなの「人工腎臓」ブログ

タイトル 日 時
「電解水」を用いた透析システム開発へ
東北大学は9月15日、「電解水」を用いて慢性透析患者における透析治療の副作用を改善する新規の透析システムを開発したと発表しました。 東北大学と日本トリムは、水の電気分解によって生成される水素分子を含む水(電解水)が生体内で酸化ストレスを抑えることに注目し、この水の透析治療への応用を目指して2006年から共同研究を実施しています。2011年からは臨床試験も行っており、今回中間報告としての発表がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/22 10:04
「針刺し正確に」患者負担減へ
高知大医学部などの共同研究チームが人体に無害な光を使って透析患者の血管を映し出す医療用カメラの開発に成功しました。 同チームによると、世界初の技術で、今秋の製品実用化を目指しているそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/14 14:41
新規人工透析4万人に迫る
国内の人工透析患者は2015年末時点で前年より4500人余り増えて約32万5千人に達したことが、日本透析医学会の最新データで明らかになりました。 15年に透析を開始した患者は約3万9500人。 09年以降、一時的に減少していましたが、再び増加し初めて3万9千人を超え、4万人に迫っています。 新規患者の男女比はほぼ2対1です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/08 11:51
慢性腎臓病に甲状腺ホルモンが有効
山梨大医学部の研究グループが、慢性腎臓病のモデルマウスを用い、甲状腺ホルモンが慢性腎臓病の悪化を防ぐ重要な役割を担っていることを解明しました。 山梨は2010年の国の調査で、透析患者の割合が全国平均より多く、糖尿病性腎症から新たに人工透析が必要となる患者(人口10万人当たり)は全国最多だったことが分かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/10 11:55
腎性尿崩症の新発症メカニズムを発見へ
東北大学は2月23日、腎臓の発生期における遺伝子発現の制御因子(転写因子)Nrf2の過剰な活性化が腎性尿崩症を引き起こすことを発見したと発表しました。 腎性尿崩症は、腎尿細管細胞の抗利尿ホルモンに対する反応の障害により尿の濃縮ができず、大量の希釈尿の排泄に至る疾患です。 抗利尿ホルモン2型受容体の遺伝子異常による先天性の病型がよく知られていますが、環境要因による後天性の腎性尿崩症の原因はよくわかっていませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/05 17:33
心・腎移植後のHEV感染で注意喚起
日本臨床腎移植学会は、腎臓移植後患者と心臓移植後患者でE型肝炎ウイルス(HEV)のウイルス陽性率またはIgG抗体陽性率が高いとして厚生労働省がまとめた注意喚起文を学会ホームページに掲載しました。 今回の報告は、AMED肝炎等克服実用化研究事業(肝炎等克服緊急対策研究事業)の班会議において報告された心・腎移植患者におけるE型肝炎ウイルス感染の全国実態調査の中間報告です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/19 20:21
カルニチン欠乏症診断治療指針について
日本小児科学会は、学会ホームページ上で「カルニチン欠乏症の診断・治療指針 2016」を公開しました。 カルニチン欠乏症は、意識障害、けいれん、横紋筋融解症、脳症、頻回嘔吐、精神・運動発達遅延、心肥大・心筋症・心機能低下、突然死など重篤な症状を呈する疾患です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/13 11:21
透析送迎車横転で患者1人死亡
滋賀県警長浜署は、長浜市で11月9日に発生した医療機関の送迎用ワゴン車横転事故で、重傷だった患者が10日午前に頭蓋内出血などの多発外傷で死亡したと10日、明らかにしました。 長浜署によると、ワゴン車は9日朝、長浜市八条町の市道交差点で無職男性の乗用車と衝突し横転。人工透析を行う市内の医療機関に通院する60〜80代の女性患者計5人のうち、ら3人が重傷、残る2人と男性運転手が軽傷を負ったそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/11 22:33
透析勉強会 〜ダイアライザー編〜
一般社団法人滋賀県臨床工学技士会 血液浄化部門が下記の日程で透析勉強会を開催します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/02 11:10
透析医学会が基本方針を公表へ
日本透析医学会は、学会としての基本方針をホームページに提示しました。 学会に対する個々の意見には基本的に対応しないとし、質問などがある場合は文書で学会事務局に提出するよう求めています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/27 00:30
人工透析是非で揺れる小国町
小国町立病院での人工透析治療実施の是非を巡り、町が揺れているそうです。今年7月の町長選で町長が代わり、既定路線で進んでいた透析治療が中止となる可能性が出てきました。 町立病院での人工透析治療実施は、前町長が実現に向け積極的に準備を進めており、今年3月の町議会定例会で、人工透析機器等整備費約6500万円を盛り込んだ2016年度一般会計予算を提出、賛成多数で可決されました。しかし、7月27日の町長選で町長が交代、新町長は、9月議会で見直しの可能性に言及しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/24 11:45
ネスプのバイオ後続品でP3開始へ
ジーンテクノサイエンスと三和化学研究所は、共同開発している腎性貧血治療薬「ダルベポエチンアルファ(一般名)」(製品名・ネスプ)のバイオシミラーについて、国内第3相臨床試験を9月から開始したと発表しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/25 19:56
PM2.5高度長期曝露で膜性腎症増加
中国の282都市で2004-14年に行われた腎生検7万1151件において、PM2.5への長期曝露と糸球体疾患の関連を検証した結果、最も発生頻度が高かったのはIgA腎症の28.1%、次いで膜性腎症(MN)の23.4%でした。PM2.5濃度が70μg/m3超の地域では、10μg/m3の濃度上昇がMNオッズの14%上昇と関連したそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/24 09:45
装着型の人工腎臓
今回、新たに米ワシントン大学医療センターにおいて、7人の透析患者を対象に、携帯型人工透析デバイスの臨床試験が行われました。 研究は、装置を開発した米シーダーズ・サイナイ医療センターが主導したもので、患者はこのデバイスを最大24時間使用し、装着型の人工腎臓が機能不全となった腎臓の役割をどこまで果たせるのかを検討する内容です。 結果、このデバイスは、老廃物である尿素、クレアチニン、リンのほか、過剰な水分や塩分も除去できることがわかり、また、血液循環への影響はなく、重篤な有害事象も認められなかった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/23 13:20
慢性腎臓病の自己管理に有用なスマホアプリを開発へ
University Health Networkは、慢性腎臓病の自己管理に有用なスマートフォン用アプリを開発し、臨床現場で有用性が高かったことを、「Clinical Journal of the American Society of Nephrology」5月12日電子版に掲載の論文で報告しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/28 10:48
C型肝炎治療薬、B型悪化で死亡例も
厚生労働省は5月18日、C型肝炎の8種類の治療薬を発売する製薬6社に対し、併発するB型肝炎の悪化により死亡例が出たなどとして、薬の添付文書を改訂し、医療関係者に注意喚起をするよう指示しました。 両方の肝炎ウイルスに感染している場合、C型の治療でB型肝炎が再活性化することがあるためです。 対象の薬は  ダクルインザ(一般名=ダクラタスビル)  スンベプラ(アスナプレビル)  ソバルディ(ソホスブビル)  ハーボニー(レジパスビル・ソホスブビル)など。 透析患者さんにも使用されているた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/19 22:49
腎臓病患者向け低リン米
コメ製品を手掛けるミエライスが三重県農業研究所と共同で、腎臓病患者向けに「低リン米みえのゆめ」は、地元のコメを使い、腎臓病患者が摂取を控えなければならないリンの大幅低減を独自技術で開発されたもので、価格も手ごろで味にもこだわりがあり人気だそうです。 購入は宅配のみで、5キロ入りが送料込み3千円。価格を従来品の半分から3分の1に抑え、精白米よりは3割高いそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/06 11:25
透析時の個室など特別料金了承
中央社会保険医療協議会が4月13日、個室の差額診察室など2項目について特別料金の徴収を了承。近く告示や通知を改正します。 サービス向上のため、同省は昨年春に選定療養への追加を公募し、91件の提案があり、このうち〈1〉人工透析など長時間の治療を受ける個室の診察室〈2〉規定以上の前立腺がんや膵臓すいぞうがんの検査の実施――の2項目について、選定療養に加えることにまりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/16 11:28
日本透析医学会2015年版「慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン」に関する声明文
日本腎臓学会はこのほど、日本透析医学会がまとめた2015年版の「慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン」に対する声明文を発表。腎臓学会が作成した「エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2013」と一部ヘモグロビン(Hb)値に関する記述が異なっているが、「直ちに変更を要するものではない」との見解を示し、適切な治療に努めるよう呼び掛けています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/12 22:00
人工透析めぐる汚職事件
人工透析患者転院をめぐる汚職事件で、収賄罪に問われたA医師と、贈賄罪に問われた医療法人光寿会の元実質経営B者の論告求刑公判が15日、名古屋地裁であり、検察側はA被告に懲役2年、追徴金263万5033円、B被告に懲役1年6月を求刑。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/17 11:20
CHDFの補液量(保険適応)について
各都道府県によって血液透析で使用できる補液(サブラッドetc)量が異なることはご存知の通りです。 今回、講演会に参加して演者の先生方がコメントされた3県の保険適応量が下記の通りであることがわかりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/14 14:40
透析患者の内部被ばくについて
東京電力福島第1原発事故後、いわき市の病院で人工透析治療を受けた患者の内部被ばくについて、健康な人との差はなかったとする論文を同市の公益財団法人ときわ会グループの研究チームがまとめ、1月28日までに英国医学系学術誌のウェブ版に発表しました。 透析患者の内部被ばく量の研究は世界的に珍しく、研究チームは「本県の風評払拭にも貢献できる研究」と評価しています。 研究チームのリーダーは「腎臓が悪いと放射性物質を排出しにくいのではないかと懸念されていたが、透析によって老廃物と一緒に放射性物質も排出されて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/31 15:30
腎障害慢性化の一端を解明へ
短期間で腎臓の機能が低下する「急性腎障害(AKI)」が、命に関わることもある慢性腎臓病や末期腎不全に移行する過程の一端を、京都大医学研究科の医師らが解明しました。 グループは、薬物代謝を担いAKIで障害を受けやすい腎臓の「近位尿細管」に着目し、マウスで近位尿細管障害を再現し重症度や頻度による病態を観察した結果、重度の障害では尿細管近くにある間質細胞が繊維化して機能しなくなり、腎機能低下に伴う貧血も発症。また軽度の障害は回復可能だが、複数にわたって発生させると広範囲で繊維化するなどの病態が生じた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/05 20:52
人工透析後死亡、遺族と示談成立
伊勢赤十字病院は12月17日、2013年2月に80代の男性入院患者が血液の人工透析中、機器と体をつなぐ管の接続プラグが外れて大量に出血し、約3カ月後に死亡する医療事故があったと発表。病院側はミスを認め、今月、遺族と示談が成立したと発表しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/19 10:29
透析患者紹介60万円収賄
人工透析の患者を紹介した見返りに、知り合いの医師から現金約60万円を受け取ったとして、愛知県警は12月2日、名古屋市中区の名城病院腎・糖尿病内科医長を収賄容疑で、医療法人「光寿会」の実質的経営者(64歳)を贈賄容疑でそれぞれ逮捕しました。 発表によると、赤沢容疑者は今年2月27日〜10月27日、自分が担当した人工透析治療患者計8人を多和田容疑者に紹介し、光寿会傘下の病院や診療所に転院させた謝礼として、5回にわたり、現金計約60万円を受け取った疑いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/04 13:05
マウスに移植した腎臓組織の成長成功
ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った腎臓組織をマウスに移植し、血管とつなげて成長させることに熊本大学の研究グループが世界で初めて成功しました。腎臓は難しいといわれていましたが、再生医療への応用が期待されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/24 18:09
透析対応…人手足りず 
相馬中央病院透析センターに勤務する福島医大災害医療支援講座教授は9月15日、福島市で講演し、同病院で看護師や臨床工学技士が不足し、新規の透析患者が受け入れられない状態が昨年11月から続いていることを明らかにしました。 新規で訪れた患者には県外の透析施設を紹介しているそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/16 19:51
急性腎不全にiPS由来細胞移植が効果
京都大学iPS細胞研究所(CiRA)のグループとアステラス製薬は、ヒトiPS細胞由来の細胞の移植によって急性腎不全の回復効果が見込めることを動物実験で確認。 ヒトiPS細胞から腎臓の前駆細胞を作製する方法を確立、これを急性腎障害のマウスに移植することで治療効果が認められました。その結果、腎疾患にも細胞移植療法が開発できる可能性が示されたことになります。 今回の研究成果は、科学誌「Stem Cells Translational Medicine」にオンライン投稿されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/26 05:54
iPS由来細胞が急性腎不全に効果あり?
人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製した、腎臓のさまざまな細胞の基になる腎前駆細胞をマウスに移植し、急性腎不全の症状を抑制させることに京都大iPS研究所とアステラス製薬などの研究グループが成功しました。論文は21日、米科学誌の電子版に掲載されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/22 00:17
関節置換術のHES輸液で腎不全リスク
待機的人工股関節/膝関節全置換術施行患者約105万人を対象に、6%ヒドロキシエチルスターチ(HES)製剤または5%アルブミン液の周術期使用と合併症リスクの関連を後ろ向きコホート研究の結果、非使用に比べ、HES製剤/アルブミン液の周術期使用は急性腎不全(オッズ比1.23、1.56)やその他の合併症リスクと関連したことが、BMJ. 2015 Mar 27;350:h1567に掲載されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/03 20:58
透析シャント用新バルーンカテ投入
カネカは平成27年3月から、透析シャント用の高耐圧PTA(経皮的血管形成術)バルーンカテーテルの新グレードを投入、販売する。バルーンの表面に潤滑性のある親水性コーティングを施し、病変部分への到達が容易になる。 カネカでは狭くなったシャント血管を内側からバルーンカテーテルで拡張するVAIVT治療用に高耐圧PTAバルーンカテーテル「35YOROI」を展開している。通常のバルーン部分の中間層に特殊繊維を編み込む3層構造で、30気圧という高い拡張性と高圧力でも想定以上に径が過拡張しないノンコンプライア... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/05 11:47
カテーテル誤挿入で患者死亡
北里大病院(相模原市)は1月19日、記者会見し、2013年に男性研修医と血液内科の女性医師が、血液疾患で入院していた60代の患者の首にカテーテルを挿入する際、動脈を傷つけたことなどから、患者が死亡するミスがあったと発表。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/19 19:20
腎不全の悪化抑制たんぱく質について
重井医学研究所(岡山市)などの研究チームは、腎不全の悪化を食い止めることに重要な働きをするたんぱく質をマウスの実験で突き止めたと、米科学誌「ジャーナル・オブ・バイオロジカル・ケミストリー」電子版に発表しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/15 23:39
病気腎移植禁止で原告控訴
日本移植学会幹部らの発言の影響で、国が「病気腎移植」を原則禁止としたため、治療を受ける権利が侵害されたとして、岐阜、広島、香川、愛媛の腎臓病患者7人が幹部らに損害賠償を求めた訴訟で原告側は11月10日、請求を棄却した松山地裁判決を不服として、高松高裁に控訴しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/12 21:13
透析医療費4億円過払い
慢性腎不全患者が受ける人工透析の費用を公費で負担する「自立支援医療費」を会計検査院が調べた結果、2012年度、国や16道府県、市町村など235事業主体から医療機関に、計約4億2千万円が過大に支払われていたことが17日、分かった。事業主体側の審査が不十分で、健康保険の「特定疾病制度」で負担すべき分にも充てていたのが主な原因だそうです。 また、福岡県内の14市町は審査を全くしておらず、支払われた自立支援医療費約27億4千万円が適正だったか検証できなかったとのこと。 検査院は「厚生労働省が審査の内... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/20 20:21
腎機能検査の専用試薬発売
アークレイは、腎機能検査に使用する検査キット(体外診断用医薬品)「スポットケム バナリストCysC(シスタチンC)」を28日発売すると発表。 腎機能の診断マーカーであるシスタチンCを測定するための試薬で、同社が展開しているクリニック向けの簡易検査装置を用いて測定される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/29 12:04
静脈留置針操作時の注意について
医薬品医療機器総合機構が8月25日、静脈留置針を穿刺する際に、外針内で内針を一度でも引き戻したら、再び内針を前進させないよう注意喚起しました。 外針はプラスチック製で、金属製の内針が触れると容易に傷付く。抜去時に力が加わると、外針の損傷部分から千切れ、離断片が血管内に残されてしまう恐れがあるためです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/27 23:43
「ニコペリック腹膜透析液」の薬事承認を取得
テルモは、イコデキストリン含有の腹膜透析液で、世界で初めて中性化した製品「ニコペリック腹膜透析液」の薬事承認を取得したと発表。 中性化することで腹膜に優しくなると期待されています。 薬価収載後に発売予定。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/21 23:38
透析中止や不開始も選択肢
日本透析医学会は、病状が極めて重く死期が迫った終末期の患者への対応をめぐり、本人の意思が明らかな場合は人工透析を始めないことや、中止することも選択肢とする提言をまとめました。 日本透析医学会の提言は、不開始や中止といった透析見合わせを検討する状況として、透析をすること自体が患者の生命に危険を及ぼす場合や、がんなどで全身状態が極めて悪く、患者自身が意思を明示している場合などが挙げられています。 また、いったん透析を見合わせた後も、状況に応じて開始、再開できると強調。患者の希望に沿うケアで身体的... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/13 14:03
血液浄化セミナー基礎編のご案内
第14回滋賀県血液浄化セミナー基礎編が平成26年8月24日(日)に開催されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/06 17:18
エルカルチンFF錠:製造販売承認取得
平成26年6月、大塚製薬(株)はエルカルチンFF錠の製造販売承認を取得したそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/02 12:05
処方誤り人工透析必要に
愛知県の豊橋市民病院は6月2日、2009年に喉頭がんの手術を受けた静岡県の男性に対し、手術後に服用が必要な薬剤の量を誤って処方し続けたため、腎臓が悪化して人工透析が必要になる医療ミスがあったと発表。 病院側は過失を認め、慰謝料1500万円を支払って和解することで男性と合意。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/04 16:13
レグパラ低用量を承認申請
協和発酵キリンは3月25日、カルシウム(Ca)受容体作動薬「レグパラ錠12・5mg」を厚生労働省に製造販売承認申請しました。 二次性副甲状腺機能亢進治療などの適応症で販売している「レグパラ錠25mg、75mg」の低用量規格です。 レグパラを服用する患者の15〜20%程度から胃腸障害の副作用が報告されており、薬剤への反応性、忍容性が患者によって異なるため、きめ細かな用量調整ができるよう規格を追加へ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/29 11:22
CKD患者での新規経口抗凝固薬(NOAC)とビタミンK拮抗薬(VKA)の有効性について
慢性腎臓病患者で新規経口抗凝固薬(NOAC)とビタミンK拮抗薬(VKA)の有効性と出血イベントを4週以上比較した無作為化比較試験8件(2013年3月まで)をシステマティックレビューとメタアナリシスにより検討した結果、脳卒中と全身性血栓塞栓症、血栓塞栓症の再発や関連死に両群で有意差はなかったと結論。大出血や臨床上重要な非大出血リスクについても同程度。リバーロキサバンは出血リスク低下と関連。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/09 17:46
心臓リハで腎機能10%改善
国立循環器病研究センターは1月28日、急性心筋梗塞患者の心臓リハビリテーションにより、運動能力の改善のみならず、腎機能をも改善することを初めて明らかにしたと発表。 研究グループは、急性心筋梗塞で入院し3カ月間の回復期心リハに参加した528人を対象に、運動能力と腎機能の変化を調査。eGFRが60未満をCKD群(180人)、それ以外を正常群(348人)に分類。結果は、正常群ではリハ後に運動能力が11%増加、腎機能には変化がなかったのに対し、CKD群では運動能力12%増に加え、腎機能も10%の改善が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/02 12:01
透析患者にとってiPS細胞による腎臓再生は夢
大阪府の透析患者らでつくるNPO法人「大阪腎臓病患者協議会は1月30日、臨床応用を目指した腎臓再生の研究に取り組んでいる京都大iPS細胞研究所に100万円を寄付。目録を手渡した会長は「透析患者にとってiPS細胞による腎臓再生は夢。研究に役立ててほしい」と期待を寄せられています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/01 10:50
ニプロが独で買収
ニプロは1月16日、ベルギー子会社を通じてドイツの水処理装置メーカーであるフェニックス・ピュア・ウォーターを買収したと発表。 1月8日付で株式譲渡契約を締結し、ニプロヨーロッパがフェニックスの発行済み株式すべてを取得し子会社化しました。 フェニックスは2005年の設立で、水処理装置関連の企画、設計、施工を手掛け、資本金は2万6000ユーロ、昨年末時点の従業員は8人でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/22 18:05
透析食のレシピ本
腎臓病で人工透析を受ける患者向けに埼玉県狭山市の病院が刊行した「埼玉石心会(せきしんかい)病院の入院させない健康献立」(主婦の友社、1344円)など、病院の名前を冠したレシピ本が続々と出版されています。塩分やカリウムの減量など何かと制限の多い透析食だが、工夫を凝らしておいしさを追求したメニューが、患者だけでなく健康な人にも好評みたいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/21 21:13
TR−3300M
東レ・メディカルは、自動化機能を拡充した人工腎臓装置の新製品「TR−3300M」を本格発売すると発表。 国内で4000台/年の販売を計画している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/01 11:18
マンガで学ぶ透析療法
上尾駅前クリニック院長 佐藤 良和 の本が発売されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/23 17:18
iPS細胞から腎臓組織
人工多能性幹細胞(iPS細胞)から立体的な腎臓の組織を作ることに成功したと、熊本大の教授と大学院生の12日付の米科学誌セル・ステム・セル電子版に発表。  血液をこして老廃物を尿として排出する腎臓は構造が複雑で、作るのが最も難しい臓器の一つだったが、今回は、妊娠3カ月ごろの胎児にある尿を作り始める前の腎臓に当たります。 iPS細胞を試験管内で培養すると、血液をこす「糸球体」と、必要な物質を再び取り込むための「尿細管」を数十組含んだ2ミリ程度の大きさの組織が20日余りでできたそうです。しかし、現... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/15 11:21
FG-4592はCKDの腎性貧血治療に有効
世界糖尿病会議2013(IDF-WDC2013)で(12月2日)、新規経口低酸素誘発因子(HIF)安定化剤であるFG-4592は、CKDを合併した糖尿病患者の腎性貧血治療において、忍容性が良好であり、ヘモグロビン値を増加させ、それを維持することが示されました。ESA(造血刺激因子)製剤の治療が初めての患者を対象としたオープンラベル第II相試験のサブ解析の結果、明らかになったものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/08 10:48
腎動脈狭窄へのステント併用効果なし
Christopher J.C,et al.Stenting and Medical Therapy for Atherosclerotic Renal-Artery Stenosis./NEJMoa131075で、高血圧または慢性腎臓病を有する動脈硬化性腎動脈狭窄症患者947人を対象に、薬物療法に併用した腎動脈ステント留置術の腎・心血管イベント予防効果を無作為化試験で検討した結果、追跡期間中央値43カ月での主要複合評価項目(心血管/腎臓死、心筋梗塞、脳卒中など)発生率はステント併用群35.1%... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/25 12:05
第5回 ESPテクニカルセミナーのお知らせ
高感度迅速エンドトキシン測定法ESP法のテクニカカルセミナーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/23 10:24
ACE阻害薬+ARBは安全性に問題あり
2型糖尿病性腎症患者1448人を対象に、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬とアンジオテンシン受容体遮断薬(ARB)併用の有効性を検討したVA NEPHRON-D試験では、ARB単独に比べ、併用投与では高カリウム血症および急性腎損傷のリスクが高かったため、本試験は安全性の懸念から早期中止となりました。 この文献は:Linda FF,et al.Combined Angiotensin Inhibition for the Treatment of Diabetic Nephropathy... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/13 20:14
ダイアライザの工場見学について
一般社団法人滋賀県臨床工学技士会の血液浄化部門が今年度の工場見学バスツアーin日機装の参加者募集をしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/20 19:40
透析中に回路外れによる出血
兵庫県は9月20日、県立尼崎病院(尼崎市)で今年7月上旬、人工透析中にチューブの接続部が外れ血液が漏れ出し、60代の女性患者が一時ショック症状に陥るなどの医療ミスを公表しました。  尼崎病院の事故で、漏れ出た血液は約600〜800ミリリットル。女性は透析開始約20分後に「気分が悪い」と訴え、血圧が低下し、意識消失。昇圧剤を投与するなどの対処で女性は意識を回復し、7月中旬に退院。担当した看護師の女性が透析用のチューブをつなぐ際に、しっかり固定しなかったことが原因とみられるそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/09 10:49
第34回 滋賀腎・透析研究会について
本日、第34回滋賀腎・透析研究会へ参加してきました。 参加者は午後4時頃の集計では合計328名でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/08 20:51
低カリウム野菜   ーレタスー
秋田大学の一人の准教授の思いから誕生した、低カリウムのレタス。 現在、量産化に成功し、1日100袋が生産されています。 場所は、福島県の会津若松市です。 販売は、東京都内の百貨店です。 値段は1袋(90グラム)で、480円です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/06 22:26
「ホスレノール」使用上の注意改訂のお知らせ
高リン血症治療剤「ホスレノールチュアブル錠250mg/500mg」「ホスレノール顆粒分包250mg/500mg」の使用上の注意が改訂されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/28 21:46
腎臓密売組織
中国の新華社電によると、中国湖北省武漢市の公安当局は腎臓を違法に売買し、移植していた犯罪グループを摘発、10人以上を拘束したそうです。移植を受ける患者から腎臓一つ当たり40万元(約640万円)を受け取っていたみたいです。 グループは腎臓提供者の募集から移植手術までの役割を細かく分担しており、患者から受け取る40万元のうち、執刀する医師が13万元、臓器提供者と麻酔医がそれぞれ3万元。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/21 10:27
生体腎ドナー死亡事故調査の経過報告と提言について
日本移植学会は、4月13日に沖縄の病院で生体腎ドナーが出血多量で術中死亡した事故に関して、調査の経過報告と新たな提言を8月12日付けで発表しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/15 20:07
日機装がCRRTに参入
 日機装は、米バクスターから急性腎不全の治療法である急性血液浄化療法(CRRT)に関する事業を買収することで合意したと発表しました。買収額は約38億円です。  日機装はバクスターが保有するCRRTに関する資産をすべて譲り受けます。バクスターのCRRT事業の売上高は約50億円です。  日機装は独子会社において、CRRTに使う血液浄化用装置を製造・販売し、バクスターにもOEM供給していましたが、今回の買収で、バクスターが持つ血液ろ過器や透析液など消耗品を手に入れることができ、トータルでのサービス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/06 10:16
透析アクセス血管検査に初勧告
米国心臓病学会(ACC)は7月19日、静脈疾患に対し非侵襲的血管検査を行う際の診断基準に関する報告書を紹介しました。同日配信のJournal of the American College of Cardiology誌に掲載されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/02 11:17
Wルーメン抜去時にエアー混入による事故発生
静岡市立清水病院で人工透析後に死亡した静岡市の男性の遺族が7月10日記者会見し、1月の治療終了時に医師が首の静脈からカテーテルを抜き取る際、誤って静脈に空気を注入させる事故があったと説明。病院側は遺族に、空気が入ったことで血管が詰まる「脳空気塞栓(そくせん)症」が死因と認めた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/10 22:22
終末期患者の透析中止に手順
日本透析医学会は6月21日、終末期患者の血液透析治療の見合わせを検討する際、患者の意思決定の手順や医療者のかかわり方を示した提言案を学術集会で公表しました。 医療チームが十分な情報を提供し、患者や家族の意思に基づいて透析を開始しなかったり中止したりすることが想定されています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/25 09:48
北米で人工腎臓の直販へ
ニプロは北米市場でのダイアライザーの販売体制を直販に切り替えるそうです。従来、北米市場はOEM供給先の米バクスターが独占販売権を持っていましたが、3月末で契約が切れたことを受け、米子会社を通じて自社販売することを決定。製品は日本から輸出する計画で、7月をめどに販売を開始します。 北米市場向け製品は米子会社ニプロメディカルコーポレーション(マイアミ州)を通じて販売されます。すでに米食品医薬品局(FDA)から生産と販売に関する認可を取得しており、現在、秋田県の大館工場で生産準備に取りかかっているそ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/23 09:53
シャント作製は外科医に軍配
「透析シャント作製医、理想は内科系医師でしょうか?外科系医師でしょうか?」との問いに対して、投票の結果、外科医を理想とする医師が圧倒的に多いことが分かりました。 投票者数は661人で「腎臓内科をはじめ内科系医師が理想」と回答したのは14%にとどまったのに対して、「血管外科をはじめ外科系医師が理想」と回答したのは60%を占め、「どちらとも言えない」との回答は26%となっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/15 21:25
HDF療法’12より
HDF療法12よりのメモです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/05 23:56
“Off-the-shelf” artificial blood vessels may reduc
米国心臓協会(AHA)は4月24日、将来、腎臓透析に培養人工血管を使用して合併症を低減できる可能性があるとする予備研究の結果を紹介しました。同協会のオンラインセミナーで発表されました。 培養人工血管は、生分解性のメッシュチューブ上にヒト大動脈細胞を播種して作成され、成長する細胞がタンパク質を分泌し網状の支持構造が溶解するため、2カ月で管状の静脈が形成されるそうです。 研究者らは、シャント作成が不可能な透析患者における培養人工血管の安全性と機能を評価するため、欧州で多施設臨床試験を開始しました... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/03 22:37
透析予備軍を連携して改善へ
人工透析をしている国民健康保険加入者の割合が全国の政令市・中核市で最も高い大分市で4月から、地域のかかりつけ医と腎専門医が協力して“透析予備軍”の診療や生活習慣指導に当たる「病診連携システム」がスタートしました。生活習慣や食生活の改善指導を重ね、透析が必要になる前段階での症状改善を目指すそうです。 取り組むのは、内科、循環器科、泌尿器科など約100人の地域のかかりつけ医と、大分大医学部付属病院や県立病院など計15の医療機関で働く約30人の腎専門医です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/01 11:01
エリスロポエチンを生み出す細胞を作ることに成功
香川大は4月23日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から、赤血球の生成に不可欠なホルモン「エリスロポエチン」を生み出す細胞を作ることに成功したと発表。これまでより低コストで効果の高い貧血治療法の開発につながりそうです。京都大iPS細胞研究所との共同研究で、25日から仙台市で開かれる日本内分泌学会で成果を発表します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/24 20:13
災害時の透析円滑に
福島県透析医会は東日本大震災を教訓に、腎不全を抱える透析患者の治療情報を手軽に更新できる「透析カード(リライトカード)」と付属のカードリーダーを県内の希望する55医療機関に配布しました。カードの全県的な普及により、災害発生時にそれぞれ透析条件が異なる患者に対して、円滑な治療を施すことができます。 日本透析医会からの東日本大震災義援金を活用し、県透析医会は2月から随時、カードの配布を開始されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/24 20:09
生体腎移植で提供者死亡(全国初) 
沖縄県浦添市の八重瀬会同仁病院は4月18日、生体腎移植で提供者(ドナー)の女性が手術の際に大量出血し、死亡したと明らかにしました。日本移植学会によると、生体腎移植は国内でこれまで約2万件実施され、提供者死亡は初。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/18 20:09
低カリウムレタスの量産に成功
福島県会津若松市の企業が食事制限がある腎臓病患者でも安心して食べられる低カリウムのレタスの量産化に成功しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/11 14:54
腹膜透析550万セットを回収へ
日本透析医学会は3月5日、腹膜透析に使用する自動腹膜灌流装置と関連用具セット「ホームAPDシステム ゆめセットを4月1日より回収、製品交換を行うことを学会員に知らせました。 回収の理由は、書類上の不備です。海外で製品を組み立て、2カ所の施設で滅菌を行っているが、薬事法で義務付けられた承認書への滅菌施設の記載漏れがあったそうで、今回は記載漏れのあった1カ所の滅菌施設で扱った製品を回収することになりました。回収対象になる製品数は6種類、数量は約550万にのぼります。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/13 20:35
降圧剤で腎機能改善
京都大を中心とするチームが、高血圧で腎臓の機能が悪い慢性腎臓病患者に、血圧を下げる降圧剤を3年間投与して正常な血圧に戻したところ、腎機能が改善したことを確認しました。 チームは、国内の354病院で降圧剤を飲み続けた高血圧患者のうち、eGFR値と血圧の記録がある780人を対象に分析。投与開始から3年後に血圧が正常に戻ったCKD患者98人では、eGFR値が試験開始時の平均52から同58に上昇し、腎機能が改善していたことが判明しました。改善理由について、血圧が下がったことで老廃物のろ過を担う腎臓への... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/12 21:18
慢性血液透析療法の導入と終末期患者に対する見合わせに関する提言(案)について
日本透析医学会は、終末期患者の人工透析を中止する際の手続きなどを示した提言案を学会ホームページに公開しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/11 12:17
新規医療機器の保険適用
中央社会保険医療協議会の平成24年12月19日(水)で、新規医療機器の保険適応が掲載されました。 こちら:http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002pvka-att/2r9852000002pvp6.pdf ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/12/25 20:47
インドで透析装置生産開始
ニプロはマハラシュトラ州サタラ地区シルワルに建設した工場で人工透析装置の製造を開始しました。同社は100%出資子会社であるニプロ・インディア・コーポレーションを通じてインド事業を展開しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/23 21:36
人工透析液の汚染管理における細菌のリアルタイムモニタリングシステムを開発
リオンが、人工透析液の汚染管理における細菌のリアルタイムモニタリングシステムを開発。開発されたのは「水中の生物粒子測定装置」を用いたモニタリングシステムで、培養や染色などの前処理操作を行うことなく、迅速に透析液中の細菌現存量を把握できるため、透析液の汚染管理に大きく貢献しそうです。  装置は、「水中の生物粒子測定装置」は、装置内フローセルの検出部に、レーザーを連続的に照射し、流水中の微粒子から得られる散乱光と、レーザ光照射により励起された細菌の自家蛍光を、それぞれ散乱光検出器と蛍光検出器にて分... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/25 06:35
ペリフェラルカッティングバルーンに注意を!!
日本透析医学会の理事長と保険委員長は10月1日、経皮的シャント拡張術や血栓除去術に用いられるカテーテル「ペリフェラルカッティングバルーン」の発売に伴い、プラークに切れ込みを入れる「ブレード」の破損などによる事故を起こさないための使用上の注意点を学会員に呼び掛けました。 製造元のボストン・サイエンティフィック社の資料によると、ペリフェラルカッティングバルーンの類似製品「バラスPTAカッティングバルーンカテーテル」で、2004年から2年間でブレード離断などの不具合が14件(国内13件、海外1件)報... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/01 21:16
全国腎臓病協議会四国ブロックが電力安定供給を要望
計画停電が実施されると治療に支障が出るとして、人工透析の患者らでつくる「全国腎臓病協議会四国ブロック」が6月21日、四国電力本店を訪れ、透析に必要な電力の安定供給を求める要望書を提出。 要望書には「計画停電が実施されると(透析患者の)生命維持が困難になる」と指摘されています。停電を実施する際は、施設に対し事前に情報提供するよう要望しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/22 22:00
慢性腎臓病の初期段階におけるスクリーニング
米国成人の10人に1人以上が慢性腎臓病(CKD)を有すると推定されていますが、疾患の初期段階でのスクリーニングおよびモニタリングの有益性については不明であることが、入手可能な臨床試験を対象とした新しいレビューで示されました。今回のこの知見は必ずしも、早期スクリーニングまたはモニタリングが有用でないことを意味するわけではなく、有用性を証明する明確なエビデンス(科学的根拠)がないことを示したに過ぎないということみたいです。研究結果は、医学誌「Annals of Internal Medicine(内... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/03 20:39
EPO製剤価格下落で透析点数引き下げへ
中医協は1月30日の総会で、12年度の診療報酬改定の改定項目について議論し、エリスロポエチン(EPO)製剤の価格が低下し、低価格品に置き換わっている現状を踏まえ、包括点数を引き下げることを了承しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/03 01:03
院長や技士ら3人逮捕
北海道警は11月27日、医師免許がないのに透析患者の血管手術をしたとして、医師法違反(無資格医業)の疑いで、石狩市の「はまなす医院」の院長(65)、臨床工学技士(60)、准看護師(47)の3容疑者を逮捕した。 道警によると、医師・技士の両容疑者は容疑を否認し、准看護師容疑者は「手術を手伝った」と供述しているという。  3人の逮捕容疑は、共謀の上、2009年4月〜11年4月、札幌市の30代〜80代の人工透析患者3人に対し、同院でPTAをした疑い。手術後、患者3人に異常はなかったという。  道... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/28 20:55
透析膜の電子線滅菌について
JAMAの 2011;306(15):1679-1687に「Use of Electron-Beam Sterilized Hemodialysis Membranes and Risk of Thrombocytopenia」 が投稿されました。 カナダで、2州の人工透析患者、合計2131人を対象に電子線で滅菌した透析膜の使用と血小板減少症発生の関連をコホート研究で検証したものです。多変量解析の結果、電子線で滅菌した透析膜の使用と重篤な血小板減少症のリスクに有意な関連が見られたことが述べられ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/22 21:55
在宅透析患者に助成制度開始へ
岡山県井原市は来年度から在宅血液透析患者に対する助成制度を始める方針を決定。全国腎臓病協議会(全腎協)は「聞いたことがない先駆的な取り組みとして、全国に広がるきっかけになれば」と期待しています。 助成額は「現在、検討中」(井原市福祉課)だが水道代や電気代などの助成で月額数千円程度の定額になる見込みだそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/15 00:30
専門臨床工学認定試験の日程変更について
延期されていました、「第3回ペースメーカ関連検定試験」及び「第3回血液浄化専門臨床工学認定試験」が平成23年8月27日(土)に行われることが決定されました。 今回は、各試験が同日、同会場で開催されるようです。 詳しくはこちら:http://www.jacet.or.jp/academy/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/26 03:03
慢性腎臓病の進行予測モデルについて
JAMA. Published online April 11, 2011に、「慢性腎臓病の進行予測モデル、臨床検査データの追加で精度向上」が掲載されています。 内容は、ステージ3-5の慢性腎臓病患者8391人を対象に、腎不全への進行予測モデルを人口統計学、臨床的データ、検査結果に基づき構築されています。独立した2つのコホートで検証の結果、年齢、性別、推算糸球体濾過量、アルブミン尿を用いた予測モデルに、血清カルシウム、血清リン、血清重炭酸、血清アルブミンの4つを加えたモデルで予測精度が向上した... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/14 21:29
水道水放射性物質混入における透析治療への影響について
日臨工 東北地方太平洋沖地震関連情報webに、水道水放射性物質混入における透析治療への影響について(第2報)が掲載されました。 こちら:http://jacet.net/info/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/08 12:41
避難所生活の人工透析患者について
東日本大震災の被害を受けた宮城県で、避難所生活を送っていた人工透析患者2人が亡くなられていることがわかりました。 透析を十分に受けられなかったことなどが原因と言われています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/04 00:04
透析技術認定士の「認定更新制度」について
透析療法合同専門委員会では、「認定更新制度」の導入にあたりすでに「透析技術認定士」の資格をお持ちの方に対してホームページ上で『登録情報の確認/修正』及び『認定更新制度・認定更新用の講習会アンケート』を実施しています。また、詳細等については、随時ホームページ上で公表されます。 こちら:http://touseki.jaame.or.jp/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/12 23:18
血液付きにくい高分子素材開発(ダイアライザに使用)へ
本日(1月30日)の日経新聞朝刊(11面)に、東レが血液付きにくい素材を開発した記事が掲載されていました。 新素材は、血液と接する素材表面に水分がたまりにくく、実験では従来品に比べ血小板付着量が100分の1以下になり血栓が発生しにくくなります。 まずは、血液透析用器具の中空糸に応用される予定です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/31 20:42
人工透析治療中の事故
松山市の病院で、70歳代の男性患者が透析治療中に大量出血し死亡したと発表。 透析開始30分後、機器の異常を知らせるブザーで看護師が駆け付けると、男性は首の管から血を流して心肺停止状態になっており、約2時間後に死亡。同病院は管が外れた原因を調べている。 今年になって接続外れの事故は2件発生しています。 みなさん、再度注意して下さい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/12 16:32
透析技術認定士の更新制度について
平成24年4月から透析技術認定士の更新制度がスタートします。 詳しいお知らせは下記をご覧下さい。 こちら:http://www.jaame.or.jp/ir_toseki_no1.pdf ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/17 12:09
Early versus Late Initiation of Dialysis
NEJMの 2010;363:609-619に、「A Randomized, Controlled Trial of Early versus Late Initiation of Dialysis」が掲載されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/16 22:08
血液浄化セミナーについて
8月8日、第6回血液浄化セミナー(基礎編)が開催されました。 参加者は、医師・看護師・臨床工学技士・学生と幅広く、約80名でした。 次回は、12月上旬に第7回血液浄化セミナーを予定しています。 皆様の参加をお待ちしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/09 22:04
高齢末期腎疾患患者の治療で著明な地域差があきらかに
JAMAの 2010:304(2):180-186に「Regional Variation in Health Care Intensity and Treatment Practices for End-stage Renal Disease in Older Adults.(高齢末期腎疾患患者の治療に著明な地域差)」が発表されました。 研究内容は、65歳以上の末期腎疾患(ESRD)患者41420名を対象に、透析・移植の施行率、血液透析用の動静脈瘻設置率等の地域差を後ろ向き観察をした結果、患... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/18 11:39
人工透析で患者死亡
東京都町田市のクリニックで今月、人工透析中に血液を送るチューブが抜け、女性患者が大量出血で死亡する事故がありました。司法解剖の結果、死因は出血性ショックと判明。  クリニックで人工透析を受けていた14日、開始から約3時間後に警報ブザーが鳴ったため男性看護師が確認したが、異常を見つけられず、そのまま再開。数分後、再びブザーが鳴り、看護師が調べた結果、池田さんの左足に血液を送るために挿入していたチューブの針が抜けていることを確認、医師に伝えたという。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/07/01 11:00
透析液安全管理責任者セミナーについて
第3回透析液安全管理責任者セミナーの受講資格要件に下記の訂正があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/07 19:57
透析液水質確保に関する研修について
今回の「透析液水質確保」加算で、「所定の研修を履修した者」の所定の研修に関する具体的な指摘がないままでした。 おそらく、日本臨床工学技士会が主催している「透析液安全管理責任者セミナー」修了者と理解しておりました。 しかし、日本透析医学会雑誌(2010.MAY 43(5)のLetter to Editorでの回答で、「所定の研修を履修した者」については、現在「透析液水質確保に関する研修」を企画中であり、今後の事業として実施予定です。詳細は、随時学会誌等に記載する旨の記載がありました。 みなさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/03 19:39
専門臨床工学技士認定試験結果について
第2回血液浄化・ペースメーカ関連専門臨床工学技士認定試験結果が公表されました。 今回、指定講習会の有効期限が5年間であることも記載されています。 ただ、合格点数などの詳細は不明のままです。 こちら:http://www.jacet.or.jp/academy/index.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/23 12:46
ダイアライザの材料費改訂結果
040 人工腎臓用特定保険医療材料(回路を含む。) (1) ダイアライザー @ ホローファイバー型及び積層型(キール型)(膜面積1.5u未満)(T) 1,380円→変わらず A ホローファイバー型及び積層型(キール型)(膜面積1.5u未満)(U) 1,380円→変わらず B ホローファイバー型及び積層型(キール型)(膜面積1.5u未満)(V) 1,570円→1,470円 C ホローファイバー型及び積層型(キール型)(膜面積1.5u未満)(W) 1,770円→1,710... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/07 17:37
平成22年度診療報酬改定(人工腎臓)
「人工腎臓の適正な評価について」 評価体系の変更  外来/入院による区分から慢性維持透析/その他による区分への見直し  薬価の引き下げに伴う包括点数の見直し ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/07 17:25
エリスロポエチンの後発品
3月3日の日経新聞朝刊に、日本ケミカルがキッセイ薬品工業と後発薬を共同開発しているエリスロポエチンを年内に発売する予定。エリスロポエチンの特許は2006年に切れています。また、米製薬大手のメルクが、日本のバイオ後発医薬品市場に参入。まず貧血治療薬の後発品について開発に着手し、2012年以降に発売したい考えとの記事が掲載されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/04 20:20
静脈吻合部狭窄にはステントグラフト内挿が優れる
NEJMのVolume 362:494-503に『血液透析の静脈吻合部狭窄、ステントグラフト内挿が優れる』が掲載されています。概略は、静脈吻合部狭窄を認めた透析患者190名を対象にしたバルーン血管形成とステントグラフト内挿を前向き多施設共同試験です。6カ月後の結果、静脈吻合部狭窄の修復は、ステントグラフト内挿の方がバルーン血管形成に比べ、狭窄部位の長期的な開通が得られ再介入が不要という点で有意に優れていたと結論づけられています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/24 20:35
第15回エンドトキシン血症救命治療研究会について
本日、第14回エンドトキシン血症救命治療研究会がハービスOSAKAで開催されました。 次回、第15回エンドトキシン血症救命治療研究会は下記の日程で開催されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/20 22:07
KDIGOガイドライン公衆閲覧(public review)のお知らせ
KDIGOは、急性腎障害AKI、慢性糸球体腎炎CGNガイドライン発表前の公衆閲覧参加者の登録を募集しています。以下から登録するとドラフト完成時にダウンロードが許可されます。 こちら:http://www.kidney.org/professionals/kdigo/guidelinesignup.cfm ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/03 21:06
「第14回エンドトキシン血症救命治療研究会のお知らせ」について
「第14回エンドトキシン血症救命治療研究会のお知らせ」について コメディカルの参加費は5000円です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/01 21:16
第13回日本アフェレシス学会中部学術集会のお知らせ
第13回 日本アフェレシス学会中部学術集会が下記の日程・内容で開催されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/11 11:48
第14回エンドトキシン血症救命治療研究会のお知らせ
第14会エンドトキシン血症救命治療研究会が下記の日程で開催されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/28 10:03
第14回滋賀急性血液浄化セミナー
第13回滋賀急性血液浄化セミナーが開催されました。 出席された皆様、お疲れ様でした。 次回第14回は、平成22年7月31日に開催されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/26 18:51
滋賀急性血液浄化セミナー
第13回 滋賀急性血液浄化セミナーの案内をホームページに掲載しました。 こちら:http://www7a.biglobe.ne.jp/~shiga-ce/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/16 21:27
第1回血液浄化専門臨床工学技士
第1回「血液浄化専門臨床工学技士認定試験」が3月15日、東京大学で行われました。受験者は195名でした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/16 12:58
世界腎臓デー
今年は、3月12日(木)が世界腎臓デーです。滋賀県は、近江八幡市のアクア21でイベントが開催され検尿キットが1400セット配布される予定です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/07 23:24
血清アルブミン4mg/dl以下でHP膜使用で延命効果あり。
『Journal of the American Society of Nephrology(J Am Soc Nephrol. 2009;20:645–654)』3月号に、全被験者集団では透析膜の種類によって延命効果に有意差はないが、血清アルブミン値が4g/dL以下の患者ではハイフラックス膜を用いると有意な延命効果が得られることが報告されています。 海外では、ハイフラックス膜とローフラックス膜の比較で日本とは異なり延命効果が妥当なデータが出ていないとしている。しかし、今回は限定的... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/03 21:32
慢性腎臓病患者のC型肝炎の予防、診断、評価と治療のためのKDIGO診療ガイドライン
2008年4月に慢性腎臓病患者のC型肝炎の予防、診断、評価と治療のためのKDIGO診療ガイドラインが発表されています。そのサマリを日本語で見ることができます。 こちら:http://www.kdigo.org/pdf/HepC%20GL%20ES%20Japanese%20translation%20final.pdf ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/13 23:13
第4回滋賀HDFカンファレンス
第4回滋賀HDFカンファレンスが、11月15日に開催されます。 前回までは草津で開催されていましたが、今回は大津の琵琶湖ホテルに会場が変わっています。 詳しいプログラムは技士会ホームページをご覧下さい。 こちら:http://www7a.biglobe.ne.jp/~shiga-ce/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/31 10:58
透析液安全管理責任者セミナー
第一回透析液安全管理者セミナーが10月18〜19日に東京で開催されました。 参加者は154名でした。 来年の徳島での日臨工学会では、第一回の透析液基礎セミナーが開催される予定です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/19 23:57
造影剤腎症
コロンビア大学医療センターらは『Journal of the American Medical Association』9月3日号で、『炭酸水素ナトリウムを投与しても中等度ないし重度の腎機能障害患者における造影剤腎症は予防できないことが新規ランダム化研究で認められた』と報告している。 2004年に炭酸水素ナトリウムが造影剤腎症を予防するために有用であるとする小規模ランダム化試験で発表されてから、用いられるようになっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/18 18:34
猫の腎臓を豚の体内で再生
自治医科大学が東京慈恵会医科大学と組んで、豚の胎児の腎臓に猫の間葉系幹細胞を入れて猫の腎臓を再生することに成功。将来は人間の腎臓を再生することを目指し、米ミネソタ大学と無菌豚の技術で提携し年内にも共同研究を開始する予定。今後は、血管網を備えた人工臓器として移植医療に貢献する可能性を目指している。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/09/16 10:54
滋賀腎・透析研究会
9月7日、第29回滋賀腎・透析研究会が開催されました。 午後13時の時点で、参加者は270名(医師:57名、看護師:123名、臨床工学技士:53名、その他:37名)でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/07 23:55
透析技術認定士の問い合わせ窓口
透析技術認定士の問い合わせ窓口が下記の通りに変更になりました。 事務が、財団法人医療機器センターに委託されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/01 22:57
滋賀急性血液浄化セミナー
7月26日(土)、第12回滋賀急性血液浄化セミナーが開催されました。次回、第13回は平成21年7月25日(土)の予定です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/27 21:45
腎性貧血治療ガイドライン(2008年版)
日本透析医学会は、第53回学術集会・総会で「腎性貧血治療ガイドライン(GL)」(2008年版)を発表されます。学会は6月20日(金)〜22日(日)で神戸で開催されます。ガイドラインの改定は4年ぶり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/18 23:08
血液浄化標準化検討委員会ワーキンググループ1(透析装置・回路関連の提言)
日本臨床工学技士会の血液浄化標準化検討委員会ワーキンググループ1が、「透析装置・回路関連」の表記提言を取りまとめましたものが公表されました。ごらん下さい。 こちら:http://www.jacet.or.jp/03report/pdf/080528CBP.pdf ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/14 00:35
日機装、米バクスターと提携
日機装とバクスターが透析機器の海外販売で提携。月内に欧米や中国、韓国などで販売を開始。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/07 12:15
ヘパリンについて厚労省が見解をまとめる
4月22日、厚生労働省薬事・食品衛生審議会の安全対策調査会は、国内製薬企業3社が自主回収している抗凝固製剤「ヘパリンナトリウム」について、検査で安全性を確認すれば、使用は問題ないとの見解をまとめた。3社は自主回収を中止する見通し。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/24 11:54
慢性腎疾患におけるC型肝炎のガイドラインを公表
平成20年4月4日、慢性腎疾患(CKD)患者に関する初めての世界的な臨床実践ガイドラインが、全米腎臓財団2008年春季臨床会議(開催地:テキサス州ダラス)において発表された。出版物としては『Kidney International』2008年4月号の補遺として出版。     Kidney Intl. 2008;73(suppl 109):S1-S99. Kidney Diseases Improving Global Outcomes(KDIGO)が作成したこのガイドラインは、CKD患者と血... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/16 12:19
FFP、血漿交換療法使用の2分の1を算定から除外 
厚生労働省は5日、診療報酬改定で輸血管理料I・IIに関する施設基準で、新鮮凍結血漿(FFP)の赤血球濃厚液(MAP)比の算定式を見直すことを通知。比は従来通り、管理料Iでは0.8未満、管理料IIでは0.4未満だが、その算定にあたっては、FFP使用量全体から血漿交換療法に用いたFFP使用量単位数の50%を除外して算出すること。 血漿交換療法は、補充液としてFFPを大量に使用し、輸血管理料の算定要件である適正基準値に大きく影響する。また、使用する量がある程度決まっているため適正使用の対象になりにく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/22 21:46
透析検定
京都腎臓病患者協議会がインターネットで受験できる「京都検定」を開始しました。 一度、試してみて下さい。   その1:http://minna.cert.yahoo.co.jp/canhd/217387   その2:http://minna.cert.yahoo.co.jp/canhd/221777 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/20 01:13
透析で返血側チューブ接続部外れる!
2月15日に千葉県の病院で、集中治療室で透析中に開始約45分後に返血側の回路接続部が外れている事故があった。装置の警報に看護師が気づいたが、約2リットルの血液が床に漏れており、患者さんの意識は回復していないと、毎日新聞HPに掲載されていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/23 12:14
透析患者向け電子カルテ
レノメディカが、透析患者向けの「電子カルテ」カードを開発。開発したカードは「リリカカード」でソニーが開発したフェリカを内蔵。透析時に必要な検査データや個人情報を記録し、提携機関で提示すれば閲覧可能。災害時や救急時にも対応可能。三月中旬から埼玉県の川口駅前医療モールで試験運用を開始する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/02/20 22:08
エンドトキシン血症救命治療研究会
第12回エンドトキシン血症救命治療研究会が、平成20年2月28日〜29日に福岡県のホテル日航福岡で開催されます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/08 00:41
島根県における透析患者さんの災害時対策
島根県医療対策課によると、島根県内の透析患者数は1353人、透析施設は27病院としている。県の防災計画では、人工透析患者さんや在宅難病者等への対応として適切な体制を整備するとしているが、実際は県に、透析患者さんや施設のマニュアルやネットワークがないことが分かった。詳しくは:しまね拡大鏡(http://mainichi.jp/area/shimane/expansion/) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/13 23:21
病気腎移植について米国で発表
来年1月の全米移植外科学会(冬シンポジウム)で、宇和島徳洲会病院の医師が病気腎移植の論文を発表予定。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/25 19:38
透析4時間以上で加算へ
中央社会保険医療協議会小員会は14日、来年(08年)度の診療報酬改定で人工透析時間が4時間以上となる場合、医師の診療報酬を加算する方針を示した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/15 23:17
EPO製剤の使用が減少
10月10日、厚生労働省の中医協・診療報酬改定結果部会で、2006年度の診療報酬改定で透析医療でのエリスロポエチン(EPO)製剤包括化が導入されたが、それらに関する調査結果(速報)を報告。調査結果から、包括化により約4割の透析患者さんでEPO使用が減少しているにもかかわらず、貧血患者さんは増加していないことが分かった。 今回の調査は今年7〜8月に2000施設を対象に実施された。有効回答は1168施設で患者2万4010人について改定前後の使用状況などが調べられた。2006年1月時点と2007年7... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 11:12
腎臓再生
自治医科大学と東京慈恵会医科大学などの研究チームが、ラット体内で人間の腎臓の一部を再生することに成功。将来はブタなどを利用して人間の腎臓を作成し、異種移植の道を開く可能性がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/08 01:04
人工透析用機器を自主回収
川澄化学工業は9月3日、人工透析用医療機器の一部製品の出荷を停止。自主回収を開始。原因は、薬事承認書で原材料に関する記載内容の相違によるもの。対象は2004年10月15日以降に出荷した中空糸型透析器と血液濾過器の一部で、約964万本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/04 20:25
第11回 滋賀急性血液浄化セミナー
本日、ホテルボストンプラザ草津にて第11回滋賀急性血液浄化セミナーが開催されました。今回の特別企画は『各施設のCHDFと膜の選択基準に関して』と題して、初めて膜について内容でした。各施設、PMMA・PS・PAN膜を症例や治療方法によって選択されており、CHFではPS・PAN、CH(D)FではPMMAを選択されているようです。特別講演『急性血液浄化療法におけるヘモフィルター選択の理論と実際』では、各膜特性を分かりやすく解説していただきました。 次回、第12回滋賀急性血液浄化セミナーは平成20年7... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/28 22:44
滋賀HDFカンファレンス
第3回滋賀HDFカンファレンスが大津プリンスホテルで開催されました。台風4号が接近する中(帰りには滋賀県に暴風警報がでてました)、約80名の方が参加者されていました。 今回の特別講演「水質管理とオンラインHDFの実際〜将来展望」では、HDFの基礎から臨床成績、今後取り組んでいかなければならない透析室(水質管理)のバリデーションまで非常に解りやすく、有意義な講演でした。 7月28日には、ボストンホテル(草津)にて急性血液浄化の勉強会が開催されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/15 00:05
シャント音が聞けます
透析ケア6月号(http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31885922)ではシャント穿刺についての注意点や穿刺部位Q&Aなどわかりやすく解説されています。また、シャント音がインターネットで聞く特典があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/06/09 21:03
新しい腎性貧血治療薬:持続型赤血球造血刺激因子製剤(ダルベポエチン アルファ)
近日販売される予定のダルベポエチン アルファ(ネスプ)は、ヒトエリスロポエチ製剤にN-結合型糖鎖を2本追加することで、血中半減期が延長するといった特長のある持続型赤血球造血刺激因子製剤です。歴史としては、1990年にエポエチンアルファが日本で透析施行中の腎性貧血治療薬として承認販売され、その後1996年に米国でダルベポエチンアルファの治験が開始され2003年にAranespとして販売されています。2006年末には世界40カ国以上において腎性貧血治療薬として販売されています。そして、2007... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/22 17:54
旭化成メディカルがダイアライザ製造工場を宮崎に建設
15日の日経新聞朝刊に、旭化成メディカルが約75億円を投じて宮崎県延岡市に新工場を建設。生産能力は年510万本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/15 09:27
病気腎移植禁止について意見募集!
厚生労働省は、病気腎移植の禁止を盛り込んだ臓器移植法運用指針改正案について国民から6月11日まで広く意見を募集。改正案は電子政府の総合窓口に掲載。意見のあて先は厚生労働省臓器移植対策室。郵便番号:100−8916、住所:東京都千代田区霞ヶ関1−2−2.FAX:03−3593−6223。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/13 21:08
透析・夜間透析廃止などの見直し施設が67に!!
全国腎臓病協議会は、診療報酬点数の引き上げに伴い昨年から透析または夜間透析の見直しを図った施設が、4月以降廃止の予定を含めて67施設に上がったことを、4月の全国調査で明らかになったと報告。透析治療自体からの撤退は、医師不足が原因が多いが、夜間透析の廃止・縮小は診療報酬改定の議論の結果500点から200点に引き下げられたことや、時間外加算・休日加算の廃止論が原因となっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/09 00:05
赤血球造血刺激因子製剤に関するFDAからの安全性情報について
麒麟麦酒株式会社から、赤血球造血刺激因子製剤に関する米国食品医薬品庁(FDA)からの安全性情報についてのお知らせがありました。詳しくは:http://www.jsdt.or.jp/pdf/2007_04_03.pdf ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/09 21:47
世界腎臓デー
3月8日は、「世界腎臓デー」です。国際腎臓学会と腎臓財団国際連合が06年から毎年第2木曜日に定めています。今年のスローガンは「あなたの腎臓大丈夫?」。世界40カ国以上の関係団体などが参加しています。 現在、慢性腎不全(CKD)患者さまは全世界で約5億人です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/08 21:56
滋賀県腎臓病協会が勉強会を開催
滋賀県腎臓病患者福祉協会は、2月25日の午後1時から旧玉姫殿(アル・マーレ)で平成18年度腎臓病保存期学習会を開催。テーマは「透析を遅らせる」、講師は滋賀医科大学腎臓内科講師。参加費は無料。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/23 21:44
透析の血液流量について!
 透析中の血圧低下時に、血液流量を下げることで血圧は上昇するのか?といった疑問を持たれている方も多くおられるのではないでしょうか。実際の臨床では血圧低下時には、さまざまな対応(ECUMに変更する、除水量を下げる、足を上げる、昇圧剤を使用するなど)をされていることと思います。なかには、血液流量を下げておられる施設もあると思います。私も、血液流量は下げればいいのではないかと考えている1人であります。今回、血液流量を下げることへの血行動態への影響についての記事が、透析ケア2007年1月号の「透析ナース... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 1

2007/02/15 18:22
慢性腎疾患患者さんのヘモグロビン目標値について
「Lancet」2月3日号に、ランダム化比較対照試験9件で5000例以上の慢性腎疾患(CKD)患者さんで、低いヘモグロビン目標値まで赤血球生成促進剤(ESA)を投与された患者さんよりも、高いヘモグロビン目標値までESAを投与された患者さんの方があらゆる原因による死亡リスクが有意に上昇したと発表。今回、高いヘモグロビン目標値まで治療した患者さんがあらゆる死亡原因で死亡リスクが有意に増加したことを明らかにしたのは初めて。今後のガイドライン作成時に考慮すべきないようであると提案している。 わが国では... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/11 14:08
フィリピンが腎臓売買を公認へ!
腎臓移植の闇取引対策として、フィリピン政府は腎臓移植を希望する外国人患者に対し、一定の条件を満たせば臓器提供を認める方針。詳しくは:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070202-00000201-yom-int ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/05 11:32
透析患者さんの二次性副甲状腺機能亢進症治療ガイドライン
日本透析医学会、「透析患者における二次性副甲状腺機能亢進症治療ガイドライン」のPDFのリンク先が分かりました。昨年ガイドラインが発表され、透析会誌に掲載されており私も読みましたが、本文が手元にほしい方はhttp://www.jsdt.or.jp/pdf/guideline1/secondaryGLall.pdfを見てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/28 12:51
慢性腎臓病(CKD)の戦略研究について
厚生労働省は2007年度の戦略研究として透析医療費抑制、慢性腎疾患から腎不全、透析導入に歯止めをかけるために、透析への危険因子である慢性腎臓病(CKD)を選択。日本のCKD患者数は現在480万人以上であり、2003年度の調査で糸球体疾患や腎尿細管間質性疾患などにかかる医療費が1兆2938億円に達しており、医療経済的な負担増加を抑制したい考え。CKD対策研究会はすでに厚生科学審議会科学技術部会から要請をうけて検討されているが、年間研究費3億2500万円で5年間の研究予定となっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/26 23:54
エリスロポエチン使用量が減少
日本透析医会が昨年7月に診療報酬改定の影響調査を実施。調査対象は1038施設で有効回答は465施設。今回の改訂では、ダイアライザー価格の大幅な下げ、夜間や休日加算の減額、エリスロポエチンの包括化などが行われた。 エリスロポエチンの使用量は、減少施設が232施設(48.6%)、変わらないが243施設(50.9%)であり、約半数の施設で使用量を減少していた結果となった。また、エリスロポエチンの使用量は減少していたが、鉄剤の使用量が約半数の247施設で増加していた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/15 20:46
後期高齢者の「4時間未満透析」が増加傾向に!
日本透析医会や日本透析医学会の調査結果で以下のことが明らかにされました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/14 11:24
腎移植後・免疫抑制療法後に多様な癌が顕著に増加
JAMA2006.296:2823−2831で、オーストラリアの大規模研究によって末期腎疾患患者さんの腎移植・免疫抑制療法後に、多種の癌のリスクが大幅に上昇することが明らかに。オーストラリアの末期腎疾患患者さんの標準化発生率比(SIR)は、腎置換療法前:1.16、透析中:1.35、移植後:3.27であった。また癌の種類は26種類であった。 この研究で、腎移植の生着期間が長期化し、患者さんの生存期間が長期化することで免疫抑制療法によって誘発される悪性疾患が非常に恐ろしい合併症であると問題提起され... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/06 23:54
透析関連企業
12月14日、旭化成とクラレが両社の透析事業と血液浄化事業を2007年10月に統合し、旭化成クラレメディカルを設立。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/16 22:45
被災地で3日間人工透析
2002年6月、腎臓病専門の高知高須病院は、新築病棟に約2億円をかけて免震構造(支柱と地面の間にゴムや金属球を挟む)を取り入れた。マグニチュード8の地震の揺れに耐えられる。3日間、150人ずつ透析ができ、救援が期待できる4日目まで持ちこたえたいとしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/30 23:17
二次性副甲状腺機能亢進症治療ガイドライン
社団法人 日本透析医学会が「透析患者における二次性副甲状腺機能亢進症治療ガイドライン」を作成。  慢性腎臓病(CKD)では、さまざまな骨ミネラル代謝異常が生じており、治療に難渋している。さらに、最近は、CKDは骨病変を生じるだけでなく、長期的には血管を含めた全身の石灰化を介して、生命予後に影響を及ぼしていることが分かってき、最近注目されている。そこで、新たに全身性疾患として「慢性腎臓病にともなう骨ミネラル代謝異常(CKD-MBD)」という概念が提唱されている。  慢性腎臓病にともなう骨ミネラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/26 09:42
透析液Ca濃度
 透析液のCa濃度については、毎年日本透析医学会学術集会をはじめ、現在も議論されています。日本全国の透析液Ca濃度の使用状況を見ても、2.5mEq/lの使用が多い県、3.0mEq/lの使用の多い県、均等に使用している県とさまざまです。ただ面白いことに、二次性副甲状腺機能亢進症やアミロイド症などについての著名な先生が居られる県でも県全体でみると使用がまちまちでありました。  今回、透析液Ca濃度3.5mEq/lを使用し、透析時のCa出納を算出した論文が腎と骨代謝に掲載されていましたので、少し記載... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/01 10:34
透析液清浄化ガイドライン(案)
日本臨床工学技士会の透析関連WG2が透析液清浄化ガイドライン(案)Ver。1.04が公表されています。http://www.jacet.or.jp/topics/guideline_ver104.pdf ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/16 21:13
透析液清浄化
第51回日本透析医学会学術集会で、今回の学会で一番興味のあった透析液正常化のコンセンサスカンファレンスに参加してきました。後日、詳しい内容を掲載しようと思っております。 ところで皆さんの施設では、生菌を測定していますか?今回、企業ブースに関連3社が出展されており、資料を頂いてきました。その1社である、日本ベクトン・ディッキソン株式会社のホームページ:http://www.bdj.co.jp/micro/video/r2a.htmlで、R2A寒天培地操作説明のビデオを見ることができます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/25 20:14
旭化成とクラレが人工腎臓製造会社を共同で出資
5月1日、旭化成メディカルはクラレメディカルと人工腎臓の中核部品を製造する共同出資会社を設立。生産能力は400万本で、2008年から稼動。主に、海外を中心とした低価格クラスの部品を製造。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/05 23:48
透析中に消毒薬が混入事故
岐阜市の村上記念病院で4月15日に、透析中に消毒薬が透析液に混入する事故が発生。透析患者さん33名に不調を訴える。薬液タンク60リットルのうち20リットルが混入。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060419-00000203-kyodo-soci ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/20 21:54
人工透析学集会
2月26日に、滋賀県腎臓病患者福祉協会が「腎臓病患者保存期学集会」を大津市におの浜ピアザ淡海の三階会議室で開催。講演内容テーマ「透析を遅らせるために−糖尿病性腎症から腎不全を防ぐためには−」。入場無料で自由参加です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/18 22:43
わが国の慢性透析療法の現況
日本透析医学会のホームページに「わが国の慢性透析療法の現況」が掲載されています。 ぜひご覧下さい:http://www.jsdt.or.jp/html/overview.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/14 10:16
米国腎臓学会(ASN)Renal Week 2005速報
米国腎臓学会(ASN)の年次会議であるRenal Week 2005で、透析患者が多くの臨床達成目標を満たすことで、生存や入院に関する転帰が改善されるという研究結果が発表された。 今回の研究は74施設、668例を対象に1995〜1998年にかけて行われたプロスペクティブ研究である。 臨床達成目標の項目は5つであった。その5つの臨床目標とはアルブミン(≧ 4.0 g/dL)、ヘモグロビン(≧11 g/dL)、カルシウム・リン積(<55 mg2/dL2)、透析量(Kt/V≧1.2)、血流アクセス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/21 20:20
透析患者さんの自己負担増へー厚生労働省方針ー
厚生労働省は11日、人工透析を受けている慢性腎不全患者さんの一部自己負担上限を引き上げる方針を自民党に提示。 詳しくは:http://www.asahi.com/health/news/TKY200511110429.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/14 09:54
災害時の為に低蛋白米の備蓄を!
新潟県の特定非営利活動法人(NPO法人)が低たんぱく米を、災害時に備えて備蓄する計画を提案。低蛋白米『春陽』は腎臓病患者らのために開発された新種の米で、普通米と比べて人が消化可能な蛋白質が2分の1程度と低いのが特徴。 http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20051108ik02.htm ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/13 10:44
台風23号被災と兵庫県透析医会の対応
遅くなりましたが、第50回透析学会の特別シンポジウム(2)の内容を少し記載します。 第3日目の特別シンポジウム「D−SSY−2:台風23号被災と兵庫県透析医会の対応」の後半から参加しました。 厚生労働省の防災業務計画・人工透析の提供体制は次のようになっているようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/11 20:39
旭化成メディカルからVPS-Hダイアライザー新発売
旭化成メディカルが、新しいダイアライザーは発売しました。 詳しくは:http://moggrmkofffmtkrfromftgrt.asahi-med.swl.med-host.com/medical/iryou/restricted/toseki/vps_h.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/30 10:39
多発性嚢胞腎
昨日の第26回 滋賀県腎・透析研究会の特別講演の「多発性嚢胞腎」についてですが、講演内容はNSやCEには少し専門すぎて難しかったと思います。 要約をしようと思ってましたが、昨年同大学の助教授が講演された内容がありましたのでこちらをご覧下さい。若干内容も異なっておりますが、よく似たスライドや内容となっております。 「常染色体優性多発性嚢胞腎診療指針と最近の話題」:http://homepage2.nifty.com/pkdnokai/hokuto/h14.pdf ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/05 11:32
エリスロポエチン、キリンが長時間作用型製剤を申請
キリンビールは、第2世代エリスロポエチン製剤「KRN321」の申請を2005年前半に行ったことをこのほど明らかに。現在、エリスロポエチン製剤はキリンビールと中外製薬の2社が販売している。シェアは中外製薬の「エポジン」が約7割を占めている。 第2世代の特徴は、天然型のEPOと比べN結合型糖鎖が2本多く結合していることである。糖鎖が増加したため、血中半減期は天然型EPOの3倍に延長。EPOに比べて投与頻度を少なくできる。欧米では既に発売され、EPOからの切り替えが進んでいる。 慢性維持透析は医療... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/21 22:52
患者が透析中死亡 山口大病院
先月の記事ですが、腎不全の入院患者さんが透析中に死亡という報道がありました。 http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200506140005.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/21 23:59
人工透析患者や医療器材を搬送する訓練航海
7月19日、神戸大海科学部の練習船「深江丸」を使用して、人工透析患者等の搬送訓練航海が神戸沖で行われました。 http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/00021540sg200508191400.shtml ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/20 20:03
APS-SAについて
第50回、透析学会で旭メディカル社製APSについての話を何処のセッションで聞いたのか忘れてしまいましたが、少し膜の性能をお知らせ致します。参考にして下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/17 13:14
日本人の成人約480万人で腎臓の機能が低下している疑いあり
23日の同学会学術総会で、約36万人分の健康診断などのデータを新基準で評価、推計した結果日本人の成人約480万人で腎臓の機能が低下している疑いが強いことや、一般に日本人が欧米人より腎機能が低いことが公表されました。 http://www.people.ne.jp/2005/06/24/jp20050624_51232.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/29 22:05
PES-DEについて
 透析学会の企業展示で二プロの新しいダイアライザーの展示がありましたのでお知らせします。 二プロのPESシリーズにまた一つラインナップが増えそうです。  現在、PESシリーズはPES−DとPES−DSがありますが、今度新たにPES-DEが近日発売されるようです。  アルブミンの除去量を聞くことができましたので、大体の性能が分かると思います。        ダイライザ名        アルブミンの除去量          PES−D              4〜6g         ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/28 13:15
アセテートフリー・バイオフィルトレーション(AFB)の臨床数
 6月24日(金)の透析学会ランチョンセミナーに参加して、AFBの臨床数を知ることが出来ましたのでお知らせします。  AFBの臨床数は2003年12月31日の時点で、全透析患者さん237、710人中450人(0.2%)とのことでした。  また、2005年度の統計データでは次の内訳になっているようです。       施設規模       施設数       大学病院       13施設       300床以上      59施設       200床以上      18施設   ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/06/27 23:12
腎不全治療の最前線
腎不全のマウスに腎臓の体性幹細胞を移植し、腎機能を正常に戻すことに成功したと東京大などの研究チームが、米科学誌「ジャーナル・オブ・セル・バイオロジー」に20日付けで発表。ヒトの腎臓にも同様の体性幹細胞があり、慢性腎不全患者の治療への応用が期待。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/06/22 21:47

トップへ | みんなの「人工腎臓」ブログ

近江の臨床工学技士 人工腎臓のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる