アクセスカウンタ

<<  2018年8月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
人工透析医療で連携協定へ
福島県南相馬市は8月27日、いわき市を中心に病院などを経営する「ときわ会グループ」の公益財団法人ときわ会と医療法人社団ときわ会の2法人が人工透析医療を連携して行う協定を結んだと発表しました。 協定項目は〈1〉市指定の医療機関の医師らに透析や医療全般の指導、教育の実施〈2〉両会が医療従事者を市指定の医療機関に派遣〈3〉入院治療が必要な市内の透析患者を両会の医療機関で受け入れ―の3項目です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/30 10:35
iPS血小板輸血を申請へ
京都大は8月20日、京大病院で血小板を人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作り、血小板などが減る難病「再生不良性貧血」の患者に輸血する臨床研究の実施を厚生労働省に申請したと京大病院で記者会見し発表しました。 計画では、作製した血小板を徐々に増やして輸血し、最後の3回目に約1千億個輸血し副作用が起きないかや体内で血小板が増えるかなどを1年間経過観察するそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/22 12:05
手術支援ロボット操作など児童ら体験へ
愛知県豊明市の藤田保健衛生大で8月15日、夏休みの小学生を対象にした病院体験ツアーが開かれ、瑞穂区と天白区の親子約120人が参加。手術支援ロボット「ダヴィンチ」の操作などを体験。ダヴィンチの操作では教室でモニターをのぞき込みながら、鉗子が取り付けられたロボットの手を動かし、小さなピンを皿に載せるゲームを楽しんだそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/19 13:34
アシネトバクターは通常無害
アシネトバクターは、土の中や川などにいる毒性の弱い細菌で、主に接触することで感染するが、せきやくしゃみなど菌を含んだしぶきを吸い込むことでうつることもあります。 通常、感染しても健康な人には無害です。 しかし、病気で抵抗力が弱った患者の場合、医療従事者との接触やカテーテルなどの医療器具を介して感染が広がり、肺炎や敗血症など重篤な症状を引き起こすおそれがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/08 11:53
滋賀県の熱中症、救急搬送者数は過去最多ペース
滋賀県防災危機管理局によると、7月1〜22日の熱中症による救急搬送者数は545人。内訳は死者1人、重症8人、中等症86人、軽症449人、その他1人。月間として過去最多だった2010年8月の341人を既に超えているそうです。 県立学校の教室へのエアコン設置は、20年度までにリース方式でおおむね終える方針とのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/03 11:56

<<  2018年8月のブログ記事  >> 

トップへ

近江の臨床工学技士 2018年8月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる